初心者でもWordPress(ワードプレス)を学習するのにオススメのサービスまとめ

Web制作の現場において、WordPress(ワードプレス)は不動の人気を獲得しています。

通常、Webサイトを制作するとなった場合には、事前にHTMLやCSS、より凝ったものを作るならJavaScriptやPHPの知識が必要です。しかし、WordPress(ワードプレス)であればこうした準備は不要。未経験者でも、すぐに制作が開始できるという点が魅力です。

そこで今回は「自分のWebサイトを作ってみたい!」「Web制作会社への転職を考えている」といった方に向け、WordPress(ワードプレス)のオンライン学習サービスとスクールをまとめました。それぞれの特徴や費用・期間等についても調べていますので、ぜひご覧ください。

WordPress(ワードプレス)とは何か?

wordpress21-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

WordPressはひと言で言うと「ブログを作成するためのシステム」です。実際、開発された当初の目的もこれでした。しかし、現在はその使い勝手や拡張性、カスタマイズの容易さなどが人気となり、個人のブログはもちろん、コーポレートサイトなど幅広い用途で利用されています。シェアは圧倒的で、なんと世界のWebサイトの2割以上はWordPressで作られている、と言われています。CMSに限定した場合は、さらにシェアは伸びおおよそ6割です。

特徴はオープンソースのCMSであること。これは、無料公開されているコンテンツ管理システム、という意味です。もう少し簡単に言うと、「誰でもお金をかけずに、ブログが簡単に作れる」といったものです。実際、手順に沿っていけば未経験者であってもWebサイトが作れてしまいます。

プログラミングの知識もいらない、デザインスキルもいらない、という点が、WordPressをここまで広げた理由のひとつと考えられます。

この記事では、初心者でもWordPressを勉強・学習できるサービスをオンライン、オフライン(スクール・通学型)でまとめています。

始める前に必ず知っておきたい!プログラミング学習の手引き【寄稿】

2016.11.11

WordPress(ワードプレス)をオンラインで学習できるサービスまとめ

テックアカデミーWordPressコース

techacademy-wordpress

Web制作について知識がない方でも、しっかりとスキルを身に着けられるのがこちらのコース。特徴は、パーソナルメンターがマンツーマンで指導をしてくれる点で、わからないことがあれば気軽にチャットで相談が出来る点です(毎日15~23時)。また、週に2回、30分のビデオチャットサポートがあるので、そのタイミングでじっくりと質問をしてみましょう。

カリキュラムでは、WordPressの基本的な使い方だけでなく、HTMLやCSSといったコーディング部分のスキルについても学習可能。さらに、動的なページ制作に欠かせないPHPとサーバーに関する知識についても深められます。
コースも4週間・8週間・12週間と分けられているので、自分の都合に合わせられるのがうれしいポイント。なお、一番人気はじっくり学習したい人向けの8週間プランのようです。

・受講料

  • 4週間プラン:社会人 109,000円 / 学生 59,000円
  • 8週間プラン:社会人 159,000円 / 学生 8,900円
  • 12週間プラン:社会人 209,000円 / 学生 119,000円

・受講期間

4週間 / 8週間 / 12週間

【プログラミング不要!】2日でできるWordPress超入門

udemy-wordpress

動画を使ったWordPressの解説で、コーポレートサイトや予約システム、オンラインストアの開設といったスキルが身につくコースです。

コース名のとおり、プログラミングをいちから徹底的に学ぶというよりは、WordPressの基本操作を覚えながら、実践的に学習を進めていく内容です。WordPressのインストールから丁寧に解説されているので、初めての方でも安心。

テンプレートを利用したデザインの変更や、メニュー・グローバルナビの設置もできるようになります。現在自社でWebサイトの管理や、Webマーケティングに携わっている方、自分でWebサイトを構築したいとお考えの方で、「何から手をつけていいか分からない」とお悩みなら、ぜひ検討してみてください。

  • 受講料:10,800円
  • 受講期間:5時間

たった60分でプロ並みのホームページができるWordPress作成初級講座

udemy-wordpress
WordPressの設置から、中級クラスのカスタマイズ方法までを学べるコースです。

デザインの変更だけでなく、問い合わせフォームやソーシャルボタンの設置可能になります。特に、マーケティング用のブログ解説などを検討されている方におすすめです。

カリキュラムでは、ドメインやサーバー取得といった初歩の初歩からしっかり解説してくれているので、初心者の方でも問題ありません。後半ではアクセス解析の設置や、アクセス増加のための基礎知識についても触れられているので、単にWebサイトを制作するだけでなく、作ったサイトの人気を高める方法まで学べます。個人の方はもちろん、マーケティング担当の方にもおすすめの講座です。

  • 受講料:3,000円
  • 受講期間:2.5時間

はじめよう!Wordpressで作るおしゃれサイト【デザイン入門】

udemy-wordpress

ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイトの3種類をWordPressで作っていくコースです。

基礎的で本質的な知識をしっかり会得しつつ、実践的なカリキュラムによって自分ひとりでもWebサイト制作ができるようになります。それぞれのレクチャー動画は細分化されており、後から見直す時にも便利です。

学習を進めていくと、テーマ編集やSEO対策についても触れることになり、どうすれば効率的に魅力的なサイトが作れるについて、理解が深まります。WordPressに興味はあるが、ハードルが高いと諦めていた方、自分でメディアサイトを立ち上げてみたい方、WordPressを仕事で使うという方におすすめです。

  • 受講料:4,800円
  • 受講期間:4時間

たった1週間で誰でもプロ並みのWebサイトを作れる講座

bigger_wordpress_besomebody

知識ゼロからはじめられるWordPress講座です。カリキュラムは5つの章に分けられており、WordPressをはじめる準備からサイト制作の計画・作成・実践までを流れに沿って学べます。

デザインのカスタマイズはもちろん、プラグインの導入やソーシャルボタン設置といった応用的なスキルも習得できます。

こちらのコースには、フォロー体制として講師への質問対応があります。学習を進めていく中でつまずいてしまったところや、疑問を抱えたままになってしまっているポイントについて直接訪ねられるので、オンライン学習サービスに不安を持つ方でも安心です。

  • 受講料:7,800円
  • 受講期間:3時間14分

WordPressを学習できるスクールや通学型のサービスまとめ

Webスク デザイナーコース

webschool

WordPressだけでなく、Web制作にかかわるさまざまなスキルを学べるスクールです。

まずはコーディングに必要なHTML、CSSの基礎を学び、次に動的なエフェクト等を実現できるJavaScript(JQuery)について習得。

その後、デザインには欠かせないAdobe系ソフト(Photoshop・illustrator)の使い方を学んで、最終的WordPressを使った卒業制作に臨みます。魅力はなんと言っても、講師が直接コミュニケーションを取りながら教えてくれるところです。オンラインでは実現できない学習の体験が可能です。より本格的に制作についてのスキルを身に着け、ハイクオリティなWebサイトを作りたいとお考えの方はぜひ検討してみましょう。

  • 受講料:59,800~400,000円 ※コースによって異なる
  • 受講期間:6カ月

WordPressで開発されているサービスにはどんなものがあるの?

wordpressimage-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

WordPressは、さまざまなWebサイトで利用されています。

有名なもので言えば、株式会社カカクコムやクックパッド株式会社、株式会社博報堂のホームページなどが挙げられます。

ニュースメディアの「マイナビウーマン」や「日刊SPA」「東スポ」「TechCrunch Japan」「WIRED.jp」もWordPressで作られています。

更新が多いこうしたサイトには、ベストマッチなCMSと言えるでしょう。もちろん、本来の目的であるブログとしての利用も盛んです。「Disney Parks Blog」「ブックオフスタッフブログ」などが例として挙げられます。「ホリエモンドットコム」や「猪瀬直樹 公式サイト」など、有名人の公式サイトにも用いられています。

WordPressの次に学習すべき言語や技術にはどういったものがあるの?

wordpress2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

WordPressはプログラミングの知識がなくても、カスタマイズが可能なシステムです。

しかし、より細かな設定や機能をと考えるのであれば、WordPressのベースにもなっているPHPを学ばれるとよいでしょう。また、JQueryで作られたプラグインに変更を加えたいということなら、JavaScriptの習得がおすすめです。

こういった技術を身につけることで、より高度なカスタマイズがWordPress内でも可能になります。

その他、よりリッチなサイト制作のためにWebデザインを学んでスキルアップをすると、幅広い場面で活躍できるエンジニアになれます。

初心者でも独学できる!HTMLをオンラインで学習できるサービスやサイトまとめ

2016.07.19

【初心者向け】HTMLを学習するのにおすすめの役立つ本や参考書

2016.07.19