学研プラス、「Minecraft Hour of Code」を題材にしたプログラミングの無料体験ワークショップを開催

株式会社 学研ホールディングスのグループ会社、株式会社 学研プラスでは、大人気ゲーム「マインクラフト」を題材にした「Minecraft Hour of Code」というツールを使って、プログラミングの基礎の基礎を学習するワークショップを開催する。

gakkenplus

2016年11月20日(日)、11月27日(日)、12月4日(日)、12月18日(日)の4日間、各日14時~16時、小学1年生~中学3年生を対象に、玉川高島屋 紀伊国屋書店内 CURIO FACTORYで実施する。開催は無料。

高い満足度を誇る人気ワークショップ

学研プラスではこれまで多数のプログラミングワークショップを開催し、延べ1,000名以上の申し込みを集めている。参加した子どもや保護者の方のアンケートでは、ほとんどの方が「とても満足」や「満足」と回答。学校や家庭では身につけられないプログラミングスキルを学習できるとても貴重な機会となっている。

今回のワークショップは、「Minecraft Hour of Code」というツールを使って、大人気ゲーム「マインクラフト」のキャラクターをプログラミングで動かしながら課題をクリアしていくというもの。iPadをはじめとしたタブレットで学習を行う。4~5人の子どもに対して1人以上の講師がつく少人数制で実施。

プログラミングは2020年の必修科目に

経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人のIT人材が不足すると予測されている。

こうした状況を受け、政府は2020年を目標に小学校でプログラミングの必修化を本格的に検討している。

しかしながら、プログラミングへの認識や理解はまだまだ高いとはいえない。未就学児の保護者の54.5%はプログラミング必修化の動きを知らないと回答しており(デジタルアーツ調べ)、教育現場での新たな取り組みや、プログラミングに対する認識の低さが顕著になっている。

ワークショップ概要

  • 開催日:2016年11月20日/11月27日/12月4日/12月18日(すべて日曜日)
  • 開催時間:各日14:00〜16:00
  • 開催場所:紀伊国屋書店 玉川高島屋店 CURIO FACTORY(世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋ショッピングセンター南館5F)
  • 参加費:無料
  • 参加資格:小学1年生〜中学3年生 ※保護者の方の送り迎えが必要です
  • 定員:各日10組様 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます