「資格スクエア」と米国最大手の司法試験予備校「BARBRI」、アジア教育支援機関の「Global EduGate」が業務提携

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営する株式会社サイトビジット、米国最大手の司法試験予備校「BARBRI」を運営する BARBRI INTERNATIONAL LIMITED、アジア教育支援機関であるGlobal EduGate, LLCの3社は、2016年9月23日より米国司法試験対策コースの提供を目的とし、業務提携を行った。

現在、企業活動のグローバル化の進展を背景に、日本国内における海外の弁護士業務の需要が増加している。法律英語に興味がある方から米国司法試験受験を視野に入れている方まで幅広い方を対象に、日本国内で米国最大手である司法試験予備校BARBRIのオンライン講義がいつでもどこでも受講できる環境を提供する。これにより法務面でのグローバル人材養成を図る。講座は 2016 年 9 月 23 日より配信を開始する。

sight-visit

日本における外国法事務弁護士登録数の推移 (出典)日本弁護士連合会 弁護士白書 2015 年版

提携の特徴

sight-visit-teikei
  • 米国最大手である司法試験予備校BARBRIの講義が、BARBRIサイト内で受講可能
  • 申し込みから受講手続き完了まで、資格スクエア日本語サポートサービスを無料で利用可能
  • 受講期間中何度でも資格スクエア学習質問サービスが利用出来る。本サービスはカリフォルニア州弁護士資格を取得した弁護士を中心としたスタッフが、日本語で学習質問を受ける※30,000 円(税別)の有料サービス
  • LLM/JD についての申請の相談、出願の支援、受験時の旅程プランニング、その他証明書類の作成補助などを請け負う。※Global EduGate 提供の有料サービスとなります。

<各コースの説明>

1:2017 年 7 月受験目標 BARBRI ホームスタディレビューコース

  • コンセプト:米国外の受験生のために構成された、米国司法試験オンライン対策講座
  • 対象者:日本の弁護士登録者・米国司法試験受験要件を満たしている方、カリフォルニア州司法試験受験をご検討されている方
  • 受講形態:Web 学習
  • 受講目安時間: 週 10~15 時間/最長 10 ヶ月
  • 受講期間:2016 年 9 月 23 日~2017 年 7 月 31 日
  • 受講料:5,995 米ドル

※製本テキスト、オンライン問題演習機能を無償で提供する
※講義動画の視聴、問題演習、直前対策などを一人ひとりの学習ペースに合わせて提供スピードを変更するシステムを設けているため、個人により進捗スピードは異なる
※本コースは BARBRI のサイトで学習するシステムとなり、教材・講義はすべて英語
※受講後、該当する米国弁護士試験に不合格となった場合には、上記課程を無料で再受講が可能。

2:BARBRI リーガルイングリッシュコース

  • コンセプト:重要な法律英語(読み/書き/会話)の基本から実務レベルのスキルまで修得できるオンライン講座
  • 対象者:法律業界でキャリアを形成されている方、法律英語に興味のある方
  • 受講形態:Web 学習(問題演習形式)
  • 受講目安時間:約 35 時間~40 時間
  • 受講期間:お申し込みから 3 ヵ月間
  • 受講料:995 米ドル

※本コースでは学習質問サービスは非対応

BARBRI について

BARBRI は米国司法試験対策指導校として最大手の教育機関であり、約 50 年の実績で 120 万人を超える米国司法試験合格者を輩出している。また、世界各国のロースクール、ローファーム、企業、政府機関のパートナーとして、法律サービス業界におけるさまざまな分野で法律家やスタッフのキャリアを支援している。

Global EduGate について

Global EduGate は、アジアを拠点に、世界の学術機関やオンライン教育プログラムを持つトップ研修機関などのマーケティング、採用、コンサルティングから、海外留学生サポートまで幅広くサービスを提供している。米国の LLM 留学相談や、米国司法試験手続、受験時の宿泊手配等のサポート(有料)が受けられる。

「資格スクエア」について

「資格スクエア」は 2013 年 12 月の開講以来、大手予備校で豊富な経験のある講師陣を中心に、質の高いオンライン授業を従来よりも圧倒的な低価格で提供している。また2015 年2月より業界初の試験対策のクラウド化を実現する新しい学習システム「資格スクエアクラウド」、2016年3月には個人に合わせた人工知能型サポートサービス「脳科学ラーニング」(ともに特許取得済)の導入を開始し、更なる勉強の効率化が可能となっている。全く新しい教育の形であるこれらのサービスは、司法試験予備試験、行政書士など難関資格を皮切りに順次提供を開始している。


sight-visit-teikei

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。