オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の IELTS対策コース在籍生徒数が100人を突破

日本最大級の英語4技能対策オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」を運営する株式会社ベストティーチャーのIELTS対策コースの在籍生徒数が100人を突破した。

「ベストティーチャー」では、TEAPやGTEC CBT、英検2級など7つの試験対策コースを開講している。その中で、IELTS対策コースが最も早く在籍生徒数100人を突破した。現在在籍している生徒は社会人が中心。

bestteacherielts

今後はSAPIX YOZEMI GROUPと連携して中・高生の英語4技能育成にも積極的に取り組んでいく。

SAPIX YOZEMI GROUP、オンライン英会話のベストティーチャーの全株式を取得し完全子会社化

2016.08.03

このコースは、株式会社ジャパンタイムズよりコンテンツライセンス許諾を受け、2015年4月27日に開講した。「ベストティーチャー」のIELTS対策コースは、通常のIELTS対策とは異なるコンセプトをとっており、スピーキング問題でもライティング問題でも自ら作成した回答を講師に添削してもらった上で、それをもとに講師と英会話するレッスンを提供しいる。

題材は、ジャパンタイムズが出版する書籍『新セルフスタディIELTS完全攻略』(Anthony Allan著/片岡みい子訳)に収録されている練習問題およびPRACTICE TEST。

IELTS受験者の多くがリーディングとリスニングのスコアは比較的高い一方で、ライティングとスピーキングのスコアが低いことに悩まされている。従来型のIELTS対策の通学型スクールでは満足できず、オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」のIELTS対策コースを受講した結果、受講生が増加した。

<IELTS対策コース概要>

  • 対象利用者:有料会員
  •  内容:『新セルフスタディ IELTS 完全攻略』(Anthony Allan著/片岡みい子訳)に掲載されている問題を元に、オンライン英会話ベストティーチャーでレッスンを受講。
  • 月謝:16,200円(税込)

※IELTS(International English Language Testing System)とは、英語熟練度を測る英語試験の1つで、海外留学やイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請を目的として用いられる。ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営で保有を行っており、日本では、公益財団法人日本英語検定協会が実施運営及び広報活動を行う。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。