Classi、京都府教育委員会と府立高校12校で大学進学希望の高校生をサポート

株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社の合弁会社Classi(クラッシー)株式会社は、株式会社ベネッセコーポレーションとともに、京都府教育委員会と、2016年度、府立高校12校における教科別学習用デジタルコンテンツの提供を開始した。

Classi(クラッシー)、府立高校12校に学習コンテンツの提供を開始

京都府教育委員会は2014年度から、新規事業として府立高校12校(綾部高校、福知山高校、工業高校、大江高校、東舞鶴高校、西舞鶴高校、宮津高校、海洋高校、加悦谷高校、峰山高校、網野高校、久美浜高校)において、各校のパソコン教室などで講義動画などの学習教材を視聴できるシステムを導入している。

classi

この事業は、大学進学を希望する生徒の学力向上と希望進路の実現をサポートしており、2016年度は、当該12校で使用するシステムとして、各校のパソコン教室での利用に加えて、自宅でも学習できる学習支援クラウドサービス「Classi」の導入が決定した。

claassi

「Classi」は、幅広い教科・分野の中から自分の学習状況に応じた「学習動画」やそれに対応した「Webドリル」などのコンテンツを選択し、放課後などに自分のペースで学習できるのが特徴。

ベネッセが実施の進研模試とも連携

また、「Classi」はベネッセが実施する進研模試などのアセスメントテストと連携しており、学習到達度に合わせた復習用問題に取り組むことができる。基礎から大学受験に対応した内容まで、「Classi」の豊富な学習コンテンツを活用することで、大学進学を希望する生徒への学習機会を提供する。

claassi