江崎グリコ、ポッキーやビスコを使用して小学生がプログラミングを学習できるアプリ、「GLICODE(グリコード)」 を提供開始

江崎グリコ株式会社では、ポッキーやビスコなどのお菓子を使用して、難解に思われがちなプログラミングを小学校低学年でも親しみながら学習できるスマートフォン用アプリケーション「GLICODE(グリコード)」を開発した。

glicode

そして、総務省が若年層に対するプログラミング教育を推進する「プログラミング教育実施モデル 実証事業」に選定され、2016年8月4日(木)よりアプリの提供を開始する。
「GLICODE」は、次代を担う子どもたちの健やかな成長を応援する目的で、江崎グリコが開発した小学校低学年向けのプログラミングアプリ。

子どもが大好きな「お菓子」にプログラミングコードを持たせ、それらをルールに従って並べることでキャラクター(ハグハグ)を動かし、ゴールを目指す仕組みとなっており、手軽に遊びながらプログラミングのロジックを学べる。今後、小学校で「GLICODE」を活用した授業の展開を予定している。

リリース時はAndroid版のみだが、今後iOSにも対応していく予定だ。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。