勉強した分だけ報酬が得られる「リワード型学習モデル」を採用した英語アプリ「BeNative」がリリース

株式会社SMATOOSは、ユーザーが英語を学習すればするほど、現金や各種ポイントなどをその学習者自身が得られるという「リワード型学習モデル」を採用した新しいコンセプトの無料英語学習アプリBeNativeを2016年7月29日に正式にリリースした。

URL: http://www.benative.com/jp/

benative

BeNativeは英語学習者への報酬として、実際の現金や各種ポイントを学習者にプレゼントする世界初の教育アプリ。現金やポイントの報酬制度以外にも、世界中のユーザーとランキングを競い合ったり、ゲーミフィケーション機能を備えることで、学習者のモチベーションを高く維持する。

すでにリリースされているSMATOOSの法人向け語学研修サービスBeNative Pro/Premium (URL: http://www.benative.jp/)は、アジア各国においてすでにSamsungやLGなど、トップ企業の従業員の語学スキル向上のために導入されている。

今回の新アプリBeNativeは、それとほぼ同じ学習コンテンツを有している。

SMATOOS代表のAlanは、

「世界中で急増するスマートフォン普及率と、無料のオンライン学習コンテンツの増加を併せて考えると、教育業界における次世代のスタンダードは、学習するほどに報酬がもらえるという仕組みを構築することで、世界中の学習者のモチベーションを継続させ、学習効果の最大化を図ることだと考えています。」

と語っている。

今後の展開としては、BeNativeのアプリ内で報酬として獲得できるポイントと、コンビニや公共交通機関、その他サービスなどのポイントを連携させることを視野に入れ、学習を継続するほど、多くのメリットを享受できる仕組みを増やしていく予定。

日米韓で展開するスタートアップ「SMATOOS」が提供する、ビジネスパーソン向け英語サービス「BeNative」とは

2015.12.10
benative

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。