スタディサプリと埼玉県教育委員会、教員向けアクティブ・ラーニング教材を共同開発

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ高校講座・大学受験講座』は、国立教育政策研究所フェローの白水 始氏の協力を受け、埼玉県教育委員会と教員向けのアクティブ・ラーニング教材を共同開発し、7月19日(火)に記者発表会を実施した。

sapuri-saitama

今後、学校・教育委員会などからこの教材の利用希望が入った際には、リクルートマーケティングパートナーズより無償で提供する予定。

アクティブ・ラーニング教材共同開発の背景

kyouzai

2020年の大学入試改革、アクティブラーニングの視点に立った授業改善など、どれだけ知識を知っているかだけでなく、それらを活用できる力を見につけられる教育への変革が学校現場で始まっている。学校の先生方は「担当教科でどのように取り入れられるかを知りたい」、「使用する教材の準備が大変」といった声が聞かれる。そのような授業改善に向けて、『スタディサプリ』上に共同開発した解説動画、授業で使用できる教材を搭載した。教員は、いつでもどこでも視聴することができるようになっている。

教員向けアクティブ・ラーニング教材の概要

アクティブ・ラーニング理解、授業利用を促進する動画・教材を『スタディサプリ』上で視聴、ダウンロード※利用を希望する埼玉県公立高校の教員全員にIDを発行

スタディサプリ上にアップされる内容

  • アクティブ・ラーニングについての解説動画
  • 「知識構成型ジグソー法」解説動画
  • 授業実践動画:数学、世界史
  • 授業実践者へのインタビュー動画
  • 授業で使用する教材:国語、数学、理科、英語、美術、家庭科 ※随時追加予定

登壇者プロフィール

埼玉県教育委員会教育長 関根 郁夫

昭和53年3月北海道大学理学部卒業。同年4月、埼玉県立春日部東高校教諭となる。以来、県立浦和高校、県教育局、市立川口高校などを経て、県立志木高校長、県教育局高校教育指導課長を歴任。平成21年4月、県立浦和高校の第28代校長に就任し、平成25年3月に同校を退職。4月から県教育委員に就く。平成25年7月埼玉県教育委員会第18代教育長に就任。

 

■国立教育政策研究所 フェロー 白水 始

2000年から中京大学情報科学部助手,情報理工学部准教授を務め,2012年度より 国立教育政策研究所総括研究官に異動。2016年度より協調学習に基づく授業づくりと教材・子ども理解を全国の先生方と共に行う東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)の機構長を務める。「キー・コンピテンシー」の改訂版を考える「OECD Education 2030」の一員。今後の教育のための授業法,評価,ICT活用,教師支援を一体的に進める。

 

スタディサプリの関連記事

神奈川県教育委員会、『スタディサプリ』と『Classi』と授業力向上に関する共同研究を行う協定を締結

2016.06.07

『スタディサプリ』海外版『Quipper Video』フィリピンでオープン。海外展開はインドネシア、メキシコに続き3カ国目

2016.05.24

リクルートマーケティングパートナーズ、『スタディサプリ for Teachers』を本格スタート

2016.04.20

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。