「CodeMonkey(コードモンキー)」、1カ月無償トライアルキャンペーンを実施。「CodeMonkey Trial Japan 2016」を開催

ジャパン・トゥエンティワン株式会社は、コードモンキー・スタジオのマスターディストリビューターとして販売している、オンラインのプログラミング学習ゲーム「CodeMonkey(コードモンキー)」を夏休みの1カ月限定で有料ライセンスを無償で提供するトライアルプログラム「CodeMonkey Trial Japan 2016」を実施する。

d10261-15-780147-4

このキャンペーンは、老若男女、プロ・初心者問わず、誰でも応募可能。10名以上30名未満の団体・グループでの参加を対象としており、実施期間は8月1日から8月31日まで、応募締切は7月31日。

プログラミング学習の普及に向けて

programming

コンピュータープログラミングは、これからの時代に必要不可欠な「21世紀型スキル」として世界的に注目されている。日本政府は今年4月の産業競争力会議でプログラミングを2020年までに小中学校で必修化すると提言した。

イスラエルでは、15年程前に世界に先駆けてプログラミングを義務教育に取り入れ、当時高校生だったメンバーがエンジニアとなり生み出したのが、学習サイト「コードモンキー」です。

すでに同国の全小中学校1700校に標準教材として導入され、25万人以上の生徒が使用している。コンテンツはドリル形式で、各生徒の達成度や解答率、クラスの平均値などを評価できるのが特長。今年4月には、コードモンキーを使ったプログラミングコンテストを開催し、テルアビブ市に上位100校から400名が集結して課題の攻略を競った。

子どもから大人、初心者からエンジニアまで、グループで参加してチームワークを競う

codemonkey

ジャパン・トゥエンティワン株式会社では、昨年12月に日本語ライセンスの販売を開始し、ユーザーの皆さまからは「1.指導者や学習者の技量に依らない、2.ゲーム仕立てで熱中できる、3.楽しみながらプログラミングの基礎概念を身につけられる」と高い評価を得ている。

日本での市場活動を本格開始する契機として、コードモンキー・スタジオと共同で無償トライアルのキャンペーンを実施する。対象は小学生に限らず、学生や社会人、主婦や65歳以上のグループなど初心者からエンジニアまで、広く募集を行っている。

「CodeMonkey Trial Japan 2016」概要

【期間】2016年8月1日(月)から8月31日(水)
【対象】10名以上30名未満の団体・グループ。年齢性別、初心者経験者を問わず、チームを組んでご応募ください。
【応募方法】代表者が申込フォーム(http://codemonkey.jp/2016summer/)より必要事項を記入のうえご応募ください。運営本部よりご登録いただいたメールアドレスにご連絡し、必要事項を確認後、参加者全員分のトライアルライセンスを発行します。トライアル実施期間中(8/1~8/31)にCodeMonkeyをプレイできます。
【募集締切】2016年7月31日(日)
【お問い合わせ先】codemonkey@japan21.co.jp