静岡県教員採用試験の特徴、おすすめの問題集・参考書、倍率、給料・待遇は?

静岡県の教員採用試験の特徴についてまとめました。対策におすすめの問題集・参考書や倍率、応募資格、給与条件、待遇などについてまとめています。教員志望の方、静岡県の教員採用試験の受験を考えている方は参考にしてください。

静岡県教員採用試験の特徴

exam-teacherimage

静岡県の教員採用試験は、第1次選考試験が7月中旬、第2次選考試験が8月中旬に行われます。

選考方法には一般選考、特別選考があります。特別選考に関しては、教職経験者を対象とした選考(全校種)、博士号を取得した者を対象とした選考(高等学校)、民間企業等での勤務経験を有する者を対象とした選考(高等学校)、医療機関等での勤務経験を有する者を対象とした選考(高等学校)、国際貢献活動経験者を対象とした選考(全校種)、身体障害者特別選考(全校種)という区分があります。こうしたほかに、「特色ある募集」では、ポルトガル語・スペイン語が堪能な者を対象とした選考、大学院修士課程の特例募集があります。この大学院修士課程の特例はさらに2つあり、大学院修士課程に在籍する者、大学院修士課程に進学を予定する者に分けられています。

第1次選考試験の一般選考では、教職・一般教養、教科専門、面接試験が行われます。特別選考では教職・一般教養が免除になります。これらのほか、音楽や美術、技術、家庭、保健体育、英語などの教科では実技試験も出題されます。

第2次選考試験では、ほとんどの受験区分で、面接試験(個人・集団両方)、小論文、適性検査、データ入力票作成、実技試験(高校の一部)、特別支援教育専門(特別支援学校)が行われます。ポルトガル語・スペイン語が堪能な者を対象とした選考のみ小論文と特別支援教育専門は実施されません。また、小学校、中学校では1日のみで終了しますが、高等学校教員、特別支援学校教員は2日間にわたって行われます。

 静岡県教員採用試験の倍率

※平成27年度静岡県公立学校教員採用選考試験結果参照

小学校・・・3.5倍

中学校

(国語)・・・4.8倍

(社会)・・・5.6倍

(数学)・・・4.6倍

(理科)・・・3.3倍

(音楽)・・・8.1倍

(美術)・・・4.8倍

(保体)・・・5.1倍

(英語)・・・3.8倍

高校

(国語)・・・4.2倍

(日本史)・・・15.8倍

(世界史)・・・17.7倍

(地理)・・・4.3倍

(政経)・・・18.3倍

(数学)・・・4.4倍

(物理)・・・3.2倍

(化学)・・・7.0倍

(生物)・・・7.6倍

(地学)・・・9.0倍

(保体)・・・13.9倍

(音楽)・・・21.0倍

(美術)・・・36.0倍

(英語)・・・4.4倍

静岡県教員採用試験の受験資格

受験制限年齢内であることと、受験科目の普通免許状を取得しているか取得見込みであることのほかに特別な資格は必要ありません。しかし、一般選考以外の特別選考で受験する者はそれぞれ自分の受験区分の条件を満たしている必要があります。

静岡県の教員の待遇(給与、給料)について

※平成27年4月1日現在

初任給については、小・中学校教育職も高等学校教育職も203,656円で同じです。しかし、経験年数が上がるにつれて、高等学校教育職が小・中学校教育職を上回るようになり、徐々に差が開いていきます。そうしたことから、平均給与月額も小・中学校が427,384円、高等学校教育職が448,470円という結果になっています。いずれも都道府県平均を上回る金額です。

exam-teacherimage