D2C SOL、ユーフラテス、 NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」の パズルゲームアプリ「ピタゴラパブロフ」を提供開始

株式会社D2Cソリューションズとユーフラテス有限会社は、2016年6月24日(金)より、共同でiPhone®/iPad®向けパズルゲームアプリ「ピタゴラパブロフ」の提供を開始した。

メイン

画像提供: D2Cソリューションズ © NHK・NHKエデュケーショナル/ユーフラテス/D2Cソリューションズ 「ピタゴラスイッチ」 © NHK・NHKエデュケーショナル

「ピタゴラパブロフ」は、NHK Eテレ(以下NHK)で放送されている幼児向けテレビ番組「ピタゴラスイッチ」の”考える力を育てる”というコンセプトに基づいたパズルゲームアプリ。

2010年に、東京藝術大学教授の佐藤雅彦を中心にユーフラテスの石川将也とインタフェース研究者の安本匡佑がiPhone向けパズルゲーム「Pavlov(パブロフ)」を開発した。「Pavlov」は数学的な楽しさを手軽に体験できるゲーム。その「Pavlov」をインタフェースやパズルの内容を大幅に改良し、子供を含む一般の方々に楽しんでもらえるようにしたのが、この「ピタゴラパブロフ」。
パズルをきちんとそろえる気持ち良さとともに、言語を介さずに論理的・抽象的な思考力を育てるという「ピタゴラスイッチ」のコンセプトに合致したゲームになっている。

今後も、D2C SOLとユーフラテスは、思考力を育てる教育的なコンテンツやアプリの開発・運用を行う。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。