WebCampとエイチーム、プログラミングを学びながら就活ができるコラボキャンプを共同開催

年間1000名を輩出するWebデザイン、プログラミングの短期習得プログラムのWebCampが、2017卒の就活生に向けたコラボキャンプ第二弾を7月から開催する。全4回の講義に出席した場合、講義料金の全額キャッシュバックとなる特典や、成績優秀者には共同開催の株式会社エイチームへの特別選考ルートが用意されている。

受講料が実質無料!コラボキャンプの概要

collabocamp

コラボキャンプとは、1ヶ月短期集中型プログラミングスクール「WebCamp」が提供する、新たなプログラミングスクールの形。1ヶ月でWebデザインやプログラミングを学びながら就活ができ、成績優秀者にはコラボ企業へのインターンシップ選考一部免除や、新卒採用での特別選考ルートなどを用意している。WebCampは通常学生だと、59,800円のカリキュラムだが、コラボキャンプでは29,800 円(税抜き)で参加できる。さらに、今回のコラボキャンプでは、全4回の講義に出席で授業料を全額キャッシュバックする。実質無料でプログラミングスキルを習得できるサービスとなっている。

コラボキャンプ開催の背景

現在の日本は、IT人材の人口不足が叫ばれており、総務省は、ITに関する専門的な技術者を現在の103万人から25年に約202万人に倍増させる目標を織り込むことを発表している。また、2020年からの新学習指導要項にプログラミングを織り込むなど、IT人材の育成に注力している。

就活をしていてIT業界に興味があるが未経験なのでなかなか踏み出せない学生や、エンジニアやデザイナーへのキャリアに興味があるが、スキルを身につける機会がない学生も多く存在する。そのような社会状況や学生のニーズに応え、ITに興味がある学生に向けて、スキルを身につける場と会社を知る機会を提供するためにコラボキャンプを開催する。

WebCampが提供するカリキュラム

webcamp

1.場所にとらわれず学習できる

WebCampは反転学習というオンライン教材で予習をしてインプットし、オフライン対面授業でアウトプットする授業形式を採用している。忙しい就活生でも場所や時間にとらわれずに学習することが可能。

2.IT業界に興味がある視野の高い学生との横の繋がり

対面講義では、グループワークを行いコミュニティができで、ITスキルに興味のある視野の高い仲間が出来る。

3.キャリアサポートの存在

インフラトップの経営するスクールは、学んで終りではなく、スキルを得た後の実践の場を提供するキャリアサポートが充実している。キャリアエージェントとの面談やキャリアイベントがきっかけで就職決まった実績もある。

新しい就活の取り組みは日々増えている

近年の就活では、各企業は新たな取り組みとして短期集中型のインターンシップを多く開催している。

中には、業務を知るための就労体験型のインターンシップではなく、学生の成長や採用直結のプログラムになっているサマーインターンも増え、優秀な学生の多くは複数の企業に参加するトレンドがある。

  • インターンの選考を複数回行い、グループごとに分かれて数日間のケーススタディをし、成績優秀者が次のインターンに進み、その後内定
  • 一ヶ月で個人ワークを行い、そのプロセスを評価し内定に直結するインターンシップ
  • 新規事業を立案し、優秀者には事業化の支援をするプログラム

上記のように各企業は学生にスキルアップの場を提供し、学生の課題解決能力やチームビルディング能力の評価などを複眼で行うことでより優秀な学生を採用する動きが高まっている。

プログラミング学習で就職・転職・キャリアチェンジは可能なのか?

2016.06.13

アダプティブな学習システム「WALS」と反転授業で、プログラミングを学ぶ「Webスク」、「WebCamp」とは

2016.01.27

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。