広島県教員採用試験の特徴、おすすめの問題集・参考書、倍率、応募資格、給料は?

広島県の教員採用試験についてまとめています。広島県の教員採用試験の特徴やおすすめの問題集、参考書、倍率、応募資格、給料などの情報をまとめています。広島県の公立学校で教員になることを考えている方、受験予定の方は参考にして頂ければと思います。

広島県教員採用試験の特徴

teacher_exam

広島県の教員採用試験は「広島県・広島市公立学校教員採用候補者選考試験」と言い、広島県教育委員会と広島市教育委員会の共同で行われます。第1次選考試験が7月中旬、第2次選考試験が8月中旬に実施されます。

選考試験は、一般選考、身体に障害のある者を対象とした特別選考、グローバル人材を対象とした特別選考のほか、社会人を対象とした特別選考、スポーツ実績のある者を対象とした特別選考、臨時的任用等教職経験者を対象とした特別選考、現職教員を対象とした特別選考があります。グローバル人材を対象とした特別選考はさらに、英語の教職経験者と外国人留学生等の2つに分かれます。英語の教職経験者は中・高等学校教諭の外国語(英語)で受験する者だけが対象ですが、外国人留学生等の方は全職種・校種・教科が対象です。これらのどの区分で受けるかによって、試験内容が少し異なります。

第1次選考試験では、教職に関する専門教育科目、教科に関する専門科目、グループワークが基本となっています。ここで先に挙げた特別選考では筆記の試験は免除されますが、個人面接や集団面接が代わりに実施されます。第2次選考試験では教科等実技(小学校の音楽・体育、中学校の音楽・美術・保健体育・英語等、高等学校の保健体育、英語等)、模擬授業、個人面接が行われます。

広島県教員採用試験の倍率

※平成28年度データ

小学校・・・2.7倍

中学校・・・4.6倍

高等学校・・・8.7倍

広島県教員採用試験の受験資格

制限年齢内であり、受験科目・区分の教員免許を取得しているあるいは取得見込みであれば受験することができます。しかし、特別枠で受験する際には定められた条件を満たしていなければなりません。こうしたものを除けば、特に変わった受験条件はありません。

広島県の教員の待遇(給与/給料)

初任給について、小・中学校教育職、高等学校教育職ともに大学卒の場合201,900円です。しかし、のちに高等学校教育職が上回るようになり、経験年数が上がるごとにその差は大きくなっていきます。平均給与月額は小・中学校教育職が416,092円、高等学校教育職が443,835円となっています。高等学校教育職は都道府県平均をわずかに上回っています。

広島県の教員採用試験におすすめの問題集・参考書

teacher_exam