ライフイズテック、プログラミング教育のSNS「MOZER」をリリース! 体験版カリキュラム配信開始!今後は「進撃の巨人」とのコラボも

中高生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社は、プログラミングやITを楽しみながら学べるSNS「MOZER」(マザー、以下「MOZER」)を開発し、本日より「MOZER Webデザイン学習コース体験版『デイジーと秘密のメッセージ』」を提供開始した。

また、6月15日よりロンドンで開催されるEdTechの祭典「EdTechXEurope 2016」への出展にあわせて、6月16日に「MOZER」英語版も発表する。

MOZER_Web

オンラインのプログラミング学習サービス「MOZER」とは

mozerdesign

「MOZER」は、地域格差・経済格差によるプログラミング教育格差の是正を目的に開発された、学ぶ意欲・関心が継続する新しいオンライン学習サービス。誰でも、いつでも、どこでも、夢中になってプログラミングを学ぶ事が出来る。また、言語は日英の2言語に対応しており、中高生も含めてプログラミングを学びたいと思っている方であれば、ITスキルや年齢に関係なく世界中のどなたでも学ぶことが出来る。

プログラミング初学者から上級者まで幅広く対応出来るサービスになっているという。また、基本的な想定ターゲットは中高生以降だが、小学生でも利用することが出来る。実際に昨年末から、ライフイズテックのプログラミングキャンプに参加した中高生のユーザー約150名を対象に、テストを行たが、熱中して学習してくれる生徒が多く、想定以上の反応だったという。

今秋以降には、コミュニティ(SNS)機能や、学習コースの拡充、モバイル版の提供などを予定している。

MOZERの特徴

エンタメ型インタラクティブ教材

mozerimage

「楽しんでつくりながら学ぶ」をコンセプトに、物語に連動しゲームのように楽しめる教材を通じてプログラミングを学ぶことが出来る。カリキュラムは、キャラクターやさまざまなストーリーが学びをバックアップしてくれるので、初心者でも挫折せず続けられる。インタラクティブで柔軟なオンライン学習システムにより「楽しい」「嬉しい」を優先しながら、中高生から大人まで誰もが自然にプログラミングやITの知識を身につけることが出来るようになっている。

体験版はウェブデザインコースを提供するが、今後は様々なプログラミング言語や、AIやVR、IoTといった領域にも拡張するとしている。

本サービスの開発は、元スクウェア・エニックスCTOで当社CTOの橋本 善久氏を中心に、ゲーム開発経験のあるエンジニア、留学CTO(技術顧問)のサポートなども加わったチームで進めている。

記者会見で橋本 善久氏は、「学ぶ内容に応じて柔軟にインターフェイスが変化し、学習に最適なものになっている。キャラクターなどが誘導を行い、学習が進めやすくなっている。従来の学習サービスはインターフェイスが固定的なものが中心だったが、MOZERではそのインターフェイスの部分にもこだわって、場面に応じてインターフェイスが変化するようにした」と語った。

教えあう、学びあう、一緒に創りあうコミュニティ(SNS)機能

MOZER_sns

自分で制作した作品を公開することで、利用者同士が作品を褒めあったり、教えあったり、共同で作品を作ったりするコミュニティ(SNS)機能を併せ持ちます。SNSを通じて自分の作品を発信でき、海外のユーザーともコミュニケーションを行うことが可能。今後追加される予定のSNSでは、セキュリティ面を考慮し、中高生と大人は別のコミュニティに分割する予定。

誰でも、いつでも、どこでも

中高生から大人まで、知識や年齢に関係なく、夢中になってプレイすることができ、世界中の人がプログラミングを学び、繋がることのできるプラットフォームをめざす。CEOの水野雄介氏は、「MOZERは、2020年までにグローバルで1000万人のユーザーを目指す。」と語った。

コンテンツのコラボレーションも!第1弾は「進撃の巨人」

mozer-shingeki

さらに、MOZERは人気コンテンツとのコラボレーションイベントなどを簡単に作ることができる。第一弾として、講談社「進撃の巨人」とコラボレーションを予定している。2016年中に公開を予定している。

プログラミング教育SNS「MOZER」の概要

■体験版カリキュラム
・コース:MOZER Webデザイン学習コース体験版「デイジーと秘密のメッセージ」

・提供方法
6月15日より3チャプター配信・以降毎週水曜日に2〜3チャプターずつ配信 <全12チャプター>全ての配信が完了しても、無料体験版カリキュラムは継続して利用可能。

・料金:無料

・URL : https://mozer.io/

■正式版(正式版の料金・コース・配信方法・提供時期などはすべて予定・正式版開始時に変更の可能性あり)

・コース
Webデザイン、ゲーム開発、スマホアプリ開発、Webサービス開発、人工知能、3DCG、VR、IoTほか、コースは順次拡充

・開始時期:2016年内

・料金:月額1500円(1コース・学割料金)〜

MOZER_Web

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。