幼稚園の子供にかかる費用・お金は?私立・公立でどのくらい違う?

幼稚園に通わせるのには一体どの程度の費用・お金がかかるのでしょうか。文部科学省が行っている、子供の学習費調査より幼稚園に関連してかかる費用・お金。私立・公立でどの程度違うのかをまとめました。

公立幼稚園の学校教育費は?月約1万円程度

youtien

文部科学省の平成26年度の調査結果によると、公立幼稚園の年間学校教育費は119,175円で、そのうち最も大きな割合を占めているのは全体の54.0%である授業料で、64,357円となっています。それ以降を順にみていくと20.0%を占める通学関係費が23,793円、9.3%を占める学校納付金等が11,121円、7.2%を占める図書・学用品・実習材料費等が8,565円となっており、これらが経費のほとんどを構成しています。その他の修学旅行・遠足・見学費や教科外活動費はほとんどかかっていません。

月額で1万円程度の費用がかかることがわかります。

私立幼稚園の学校教育費は?公立の約2.7倍

同じ調査で提示されている私立幼稚園の年間学校教育費は319,619円で公立幼稚園の2.7倍となっています。

同じく最も大きな割合を占めているのは授業料で全体の65.5%、209,277円となっています。それ以降の順番は13.9%の学校納付金等が44,351円、11.4%の通学関係費が36,395円、4.7%の図書・学用品・実習材料費等が14,497円となっています。公立幼稚園同様、修学旅行・遠足・見学費や教科外活動費はほとんどかかっていません。

公立・私立の幼稚園の学校給食費は?

kyuusyoku

公立幼稚園の学校給食費は、19,382円です。私立幼稚園の36,836円で公立幼稚園の1.9倍です。

公立幼稚園の学校外活動費は?/補助学習費とその内訳は?

children

公立幼稚園の学校外活動費は、83,707円/年で、これは補助学習費とその他の学校外活動費からなっています。補助学習費とは、各家庭での学習机や参考書の購入費、家庭教師、通信添削等の通信教育、学習塾へ通うために支出した経費等のことです。

公立幼稚園の補助学習費は21,709円/年です。公立幼稚園では「家庭内学習費」が最も多く、12,170円/年となっています。他の内訳では通信教育を含む家庭教師費等が3,577円の約4千円、学習塾費が5,520円の約6千円、その他が442円となっています。

私立幼稚園の学校外活動費は?/補助学習費とその内訳は?公立幼稚園の約1.7倍

私立幼稚園の学校外活動費は、141,553円/年で公立幼稚園の約1.7倍です。そのうち補助学習費が31,479円となっています。公立幼稚園同様家庭内学習費が最も多く、17,580円となっています。この他に、通信教育を含む家庭教師費等が4,060円、学習塾費が9,307円、その他が532円となっています。

参考)子供の学習費調査に関してはこちら
子供の学習費調査とは?「子供の学校教育及び学校外活動のために支出した経費の実態」を調査したもの
参考)
文部科学省、平成26年度子供の学習費調査の公表について(報道発表資料)
調査結果の概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。