兵庫県の採用試験の特徴、倍率、受験資格、給与・待遇、対策、オススメの参考書は?

公立学校の先生になるには、各地方自治体の教員採用試験を受験し、合格する必要があります。今回は兵庫県の教員採用試験についての情報をまとめました。

兵庫県の教員採用試験の特徴は?

exam-hyougo

兵庫県の教員採用試験の第1次選考試験では、一般教養と教科専門の試験が7月末に行われます。一般教養は択一式、教科専門は記述式の方法をとっています。ただ、教科専門に関して、小学校の教員を目指す人は、国語、社会、算数・数学、理科の4科目を受けることになっています。

第2次選考試験では、すべての区分・教科で面接試験が実施されます。8月中旬~下旬で開催される日程のうち、いずれか1日を選んで受けることができます。このほかに、小学校・特別支援学校の音楽・体育、中学校・特別支援学校の音楽・家庭・技術・美術、高等学校の工業・書道・商業・情報、中学校・特別支援学校並びに高等学校の理科・保健体育・英語で実験実技試験が行われます。それぞれ設定されている日にちは違うものの、試験日程はいずれも8月下旬が設定されています。
こうした一般受験のほかにも、1次試験免除となる枠で受験する者や、英語資格所有者で条件を満たす場合に有利に働くことがあります。
また、兵庫県は第二希望を受け付けていて、中学校・特別支援学校区分(国語・数学・英語)および高等学校区分(国語・数学・英語)の受験者のうち当該免許を持つ者は、第二希望として上記のものを申請することができます。このほかに「採用地域希望優先制度」というものもあります。これは小学校・特別支援学校区分の受験者用に、但馬、丹波、淡路の各地域で、ふるさとへの愛着と誇りを持ち、地域の教育課題を十分に認識するなどの子どもたちのふるさと意識醸成に向けた教育ができる教員を確保するために行われています。

兵庫県の教員採用試験の倍率は?

hyougo-competition

以下は平成27年度の結果です。

小学校・特別支援学校の倍率

(小学校)・・・4.2倍
(特別支援学校)・・・6.2倍

中学校・特別支援学校の倍率

(国語)・・・5.0倍
(社会)・・・12.6倍
(数学)・・・7.2倍
(理科)・・・4.5倍
(音楽)・・・6.9倍
(美術)・・・5.4倍
(保健体育)・・・10.0倍
(技術)・・・2.4倍
(家庭)・・・3.8倍
(英語)・・・6.4倍
(特別支援学校)・・・4.6倍

高等学校の倍率

(国語)・・・5.0倍
(地理歴史)・・・7.8倍
(数学)・・・8.9倍
(物理)・・・5.1倍
(化学)・・・7.2倍
(生物)・・・16.0倍
(音楽)・・・36.0倍
(書道)・・・15.0倍
(保健体育)・・・19.1倍
(家庭)・・・7.3倍
(福祉)・・・3.5倍
(情報)・・・9.4倍
(英語)・・・4.2倍
※このほかに農業、工業、商業実施されています。

兵庫県教員採用試験の受験資格について

受験制限年齢内であり、受験科目・区分の教員免許を取得しているあるいは取得見込みであれば受けることができます。しかし、特別枠で受験する際にはその条件を満たしていなければなりません。こうしたものを除けば、特に変わった受験条件はありません。

兵庫県の教員の待遇(給与)について

小・中学校教育職の平均給与月額は418,078円で高等学校教育職はこれよりわずかに高く、454,884円となっています。この金額には手当てなども含まれています。

兵庫県の教員採用試験にオススメの問題集・参考書

兵庫県の教員採用試験対策におすすめの問題集と参考書を紹介します。市販の問題集や参考書での対策は必要です。

参考文献
平成28年度兵庫県公立学校教員採用候補者選考試験実施要項
(http://www.hyogo-c.ed.jp/~kyoshokuin-bo/b28youkou.pdf)
平成27年度兵庫県公立学校教員採用試験候補者選考試験について
(http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/kisya26/2609/2609263.pdf)
職員の給与等に関する報告及び勧告 参考資料
(https://web.pref.hyogo.lg.jp/ji02/documents/h27sankousiryou.pdf)

exam-hyougo

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。