茨城県教員採用試験の特徴、おすすめの問題集・参考書、倍率、応募資格、教員の給料や待遇は?

茨城県の教員採用試験の情報をまとめています。試験の特徴やおすすめの問題集、参考書、倍率、応募資格、教員の給料や給与の情報をまとめています。

茨城県教員採用試験の特徴

teacheeyxcatch

第1次試験が7月中旬、第2次試験が8月下旬に2日間にわたって行われます。

一般選考のほか、身体障害者を対象とした選考、講師等経験者特別選考、社会人特別選考(高等学校教諭のみ)、大学等推薦特別選考があります。社会人特別選考はさらに制限があり、募集は理科(物理・化学・生物・地学)、英語、農業、工業、水産、看護のみです。このうち、一般選考の中でも、現職教諭等在職者の第1次試験の免除や、正規任用教諭等経験者・国際貢献活動経験者・英語資格・スポーツ実績による一部試験免除や加点制度等の措置があります。また、小学校教諭のうち、算数と理科の教員に対しては個別に選考枠を設けています。

第1次試験の内容は主に一般教養・教職専門、専門教科等、専門教科等実技(実技試験を伴う教科等の受験者)、口述試験(英語受験者のみ)です。実技試験は中学校・高等学校それぞれで音楽、美術、家庭、中学校・高等学校共通で保健体育、中学校のみで技術、高等学校のみで書道が対象となっています。また、これらは受験科目や区分によって異なります。第2次試験は2日間にわたり、小学校教諭は1日目に適性検査、小論文、集団討論及び個人面接、2日目に音楽と体育の実技を行います。その他の教諭は1日目に適性検査と小論文、集団討論を、2日目に個人面接を行います。

茨城県教員採用試験の倍率

※平成28年度採用データ参照

小学校・・・2.7倍

中学校

(国語)・・・4.5倍

(社会)・・・8.5倍

(数学)・・・4.2倍

(理科)・・・3.0倍

(音楽)・・・3.7倍

(美術)・・・2.0倍

(保健体育)・・・9.8倍

(英語)・・・5.2倍

高等学校

(国語)・・・5.2倍

(世界史)・・・4.7倍

(日本史)・・・6.1倍

(地理)・・・3.4倍

(公民)・・・9.3倍

(数学)・・・5.2倍

(物理)・・・3.9倍

(化学)・・・4.1倍

(生物)・・・9.2倍

(地学)・・・6.0倍

(保健体育)・・・19.2倍

(音楽)・・・7.3倍

(美術)・・・12.0倍

(英語)・・・2.5倍

茨城県教員採用試験の受験資格

年齢制限内、免許状の有無のほかに特別必要な資格はありません。免許状とは教諭普通免許状のことで、校種及び科目、教科ごとに定められた免許状を取得済みあるいは取得見込みであることが受験条件となっています。

茨城県の教員の待遇(給料・給与)

初任給については、大学卒の小・中学校教育職も高等学校教育職も198,400円で同じですが、経験年数が上がるにつれて高等学校教育職が小・中学校教育職を上回るようになり、差も開いていきます。そうしたことから、平均給与月額は小・中学校教育職が427,556円、高等学校教育職が444,711円となっています。いずれも都道府県平均を上回っています。