『スタディサプリ』海外版『Quipper Video』フィリピンでオープン。海外展開はインドネシア、メキシコに続き3カ国目

株式会社リクルートマーケティングパートナーズの海外子会社Quipper Limited社は、オンライン学習動画サービス『Quipper Video(クイッパービデオ)』を現地時間2016年5月24日16:00時に提供開始した。

フィリピン展開の背景:アジア諸国で唯一の10年制教育課程が、今夏から12年制へ。「フィリピン史上最大の教育改革」のサポートを目指す

quipper

2013年1月に上院、下院を通過した「基礎教育改革法案」により、フィリピンでは、2016年夏に11年生(高校2年生相当)、2017年には12年生(高校3年生相当)が新設される。大きな教育環境変化を迎えるにあたり、日本で2011年に始まった『スタディサプリ』の海外展開3カ国目として、『Quipper Video』をフィリピンで展開。国立フィリピン大学の先生を監修に迎え、10年生および11年生前期分の基礎科目も網羅した動画コンテンツの配信を開始、今秋に向けて講義動画の追加も予定している。すでにフィリピン国内では、2013年から展開している『Quipper School』とあわせ、フィリピンの高校生、そして学校で活用されることを目指す。

現地フィリピンのプロ講師の授業を撮影、収録したラインナップ

quippervideo
  • 『Quipper Video(クイッパービデオ)』は、プロ講師の授業動画を、低価格で提供。講義動画はすべて現地で、撮影・制作を実施、各国の講師の授業を収録しており、スマートフォンやパソコンから、いつでも、どこでも、利用が可能。
  • 科目:フィリピン語、数学、理科、英語。G10,G11の国の基本教育科目を網羅。
  • 講義動画数:125本(125時間分)※随時追加予定
  • 価格:1年間3600ペソ/月300ペソ(年間約9,000円/月750円)※契約期間により、金額は異なります。 ※1円=2.5フィリピンペソで算出(2016年5月20日時点)
  • 展開国:フィリピン https://video.quipper.com/ph

※『Quipper Video』 展開国 ※日本国内は『スタディサプリ』

Quipper社は、2013年からインドネシア・フィリピン等を中心に、オンラインラーニングプラットフォーム『Quipper School』をグローバルで展開。生徒の学習・先生の宿題管理・問題作成・チュータリングなどをサポートしている。2015年4月1日付で株式会社リクルートマーケティングパートナーズ傘下に入り、現在に至る。『Quipper School』は世界各国で無料生徒会員約300万人、約25万人の教師の方に利用されるサービスへと成長している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。