神奈川県の教員採用試験の特徴、倍率、受験資格、給与・待遇、対策は?

神奈川県ので公立学校で教員・先生になるためには、神奈川県が実施する教員採用試験に合格しなければいけません。その神奈川県が実施する教員採用試験についてまとめました。

神奈川県教員採用試験の特徴

teacher

神奈川県の教員採用試験は、「第1次試験」と「第2次試験」の2つに分かれています。第1次試験は7月中旬に神奈川県会場と、小学校及び特別支援学校の一般選考のみ県外会場でも行っています。試験内容は教科専門、一般教養・教職専門からなる筆記試験と論文試験、面接試験からなります。このうちの論文試験は第2次試験に当たるもので、第1次試験合格者のみ採点されます。第2次試験では、8月中旬から下旬にかけてこの論文試験と模擬授業、個人面接が行われます。また、科目によっては実技試験が課せられる場合もあります。

神奈川県では、一般選考のほか特別選考を実施していて、中でも特徴的なのが「かながわティーチャーズカレッジ(チャレンジコース)修了者」枠です。これは神奈川県立総合教育センターが主催している教員を目指す者を対象にしたもので、講座や学校現場の体験を通して、多様なニーズに対応する実践力の向上を図っています。これを小学校・特別支援学校対象でこのコースを前年度までに修了させておく必要があります。

神奈川県教員採用試験の倍率

神奈川県の教員採用試験の学校種別、学年毎での違いをいかにまとめました。以下はすべて平成27年度に実施された選考結果によるものです。

小学校・・・3.3倍

中学校(国語)・・・4.2倍

(社会)・・・8.4倍

(数学)・・・6.0倍、(理科)・・・4.0倍

(音楽)・・・9.9倍、(美術)・・・3.4倍、(保健体育)・・・9.4倍、

(技術)・・・1.8倍、(家庭)・・・4.2倍

(英語)・・・5.0倍

高等学校(国語)・・・3.6倍

(地歴)・・・8.0倍、(公民)・・・11.4倍

(数学)・・・5.9倍、(理科)・・・9.4倍、(音楽)・・・14.0倍、(美術)・・・8.9倍

(保健体育)・・・10.4倍、(家庭)・・・10.8倍

(英語)・・・3.1倍

神奈川県教員採用試験の受験資格について

受験する校種等・教科の教員普通免許状を所有しているなどの受験者共通の資格の他に特別選考それぞれに定められた資格を所有している必要があります。

神奈川県教員の待遇(給与)について

初任給は大学卒で240,000円、短大卒で213,000円、修士課程修了で266,000円となっています。これに通勤手当、扶養手当、住居手当などが支給されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。