スクーと東京大学大学院山崎研究室が共同研究を開始。2,500本以上の授業をもとにプレゼンテーションを解析

Web業界で働くためのオンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」を運営する株式会社スクーは、東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 山崎俊彦准教授の研究室(以下、山崎研究室)とともに、日本人のプレゼンテーション技能向上に向けた共同研究を2016年4月より開始した。

山崎研究室ではすでにTED Talksのデータ(英語版)を1,600本以上解析し、「内容」「文法(使用する単語の選択、等)」「音声(話し方の抑揚やテンポ、等)」の3点における特徴量から閲覧者の理解度及び印象予測などを検証している。この共同研究では、これまでスクーが制作した2,500本以上の授業動画や、学生(閲覧者)によるタイムラインへの投稿内容などをもとに、日本語によるプレゼンテーションの解析を行う。

スクーと東京大学大学院山崎研究室の共同研究概要

shutterstock_245661034

スクーが運営している「schoo WEB-campus」は会員数約22万人のオンライン動画学習サービスとして、これまでに2,500本以上の授業動画を生放送で配信している(2016年3月現在)。登壇した先生は1,000名を超えており、日本語によるプレゼンテーション動画として膨大なデータを保有している。これまでスクーが蓄積してきたデータを山崎研究室と共有し、動画授業で閲覧者の印象予測を、さらにタイムライン上のコメントで理解度を計ることでプレゼンテーションの定量評価を行う。また、定量評価の内容を「schoo WEB-campus」の生放送授業で検証し、将来的にはプレゼン中に登壇者に向けてリアルタイムで閲覧者の印象結果がフィードバックできるようなシステムの構築を目指す。

shutterstock_245661034

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。