大阪府の教員採用試験の特徴、倍率、受験資格、給与・待遇、対策は?

大阪府で公立学校の先生になるには、大阪府の教員採用試験に合格する必要があります。その大阪府の教員採用試験についての情報をまとめました。

大阪府教員採用試験の特徴は?

siken

大阪府の教員採用試験では大阪府内の公立学校の選考が行われます。また、これには東大阪市教育委員会と岸和田市教育委員会が行うそれぞれの市立高等学校教員(全日制)の採用選考も兼ねています。大阪市立、堺市立、豊中市立、池田市立、箕面市立、豊能町立、能勢町立の学校は含まれません。

大阪府でも「第1次選考」と「第2次選考」の2つに分かれます。第1次選考では7月中旬から下旬にかけて面接テストが行われます。この面接テストは大阪会場の他、少し受験区分が限られますが名古屋・岡山会場で受験することもできます。この面接テストに加えて一般選考受験をする者は7月下旬に筆答テストを受験します。こちらは大阪会場でのみの受験可能となっています。第2次選考は筆答テストと実技テストが8月下旬に、面接テストが8月下旬から9月下旬にかけて大阪会場で行われます。

大阪府には一般選考のほかに特別選考の枠があります。社会人経験者対象の選考のほか、教職経験者対象の選考、英語教育推進の選考、理科教育推進の選考、大学等推薦者対象の選考、大阪教志セミナー修了者対象の選考、大学院進(在)学者対象の選考があります。

このうち、英語教育推進の選考で受けるためには①実用英語技能検定1級②TOEFL(iBT)80点以上③IELTS6.5以上④TOEIC880点以上のいずれかの資格を取得している必要があります。

また、理科教育推進の選考では、

①法人格を有する民間企業又は官公庁等において、理科教育に関する研究・開発部門等の正社員又は正規職員としての勤務経験が受験前々年度までに通算5年以上あること

②高度専門型理系教育指導者養成プログラム又は大阪府理数系職員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点プログラム(学生向けプログラム)を前年度までに修了(見込みを含む)し、修了証を取得(予定)していることのいずれかの条件を満たしている必要があります。

これらで受験すると筆答テストや実技テストが免除になります。

また、もっとも特徴的な大阪教志セミナー修了者の受験資格にはセミナーを修了し、修了証を取得しておく必要があります。この大阪教志セミナーとは、教員志望の者に対して開かれているもので、教員として求められる資質や基礎的な指導について学ぶことができる大阪府教育委員会が主催しているセミナーです。約七ヶ月間の日程で講座が組まれています。

大阪府教員採用試験の倍率

大阪府の教員採用試験の倍率は以下のとおりです。※以下はすべて27年度に実施された選考結果となっています。

小学校・・・3.2倍

中学校・中学部(国語)・・・3.2倍

(社会)・・・6.0倍、(数学)・・・3.2倍、(理科)・・・2.8倍

(音楽)・・・5.1倍、(美術)・・・2.4倍、(保健体育)・・・13.5倍

(技術)・・・1.8倍、(家庭)・・・2.0倍、(英語)・・・5.9倍

高校・高等部(国語)・・・2.9倍

(日本史)・・・7.1倍、(世界史)・・・4.9倍、(地理)・・・3.9倍、(政治経済)・・・8.4倍

(数学)・・・3.6倍、(物理)・・・3.6倍、(化学)・・・3.6倍、(生物)・・・3.6倍、(地学)・・・2.3倍

(音楽)・・・6.8倍、(美術)・・・8.1倍、(保健体育)・・・9.4倍、(家庭)・・・4.2倍

大阪府教員採用試験の受験資格について

地方公務員法第16条及び学校教育法第9条に該当しないこと、出願に必要な免許状を所有すること、選考区分ごとに定められた年齢・資格要件等のすべてを満たしている必要があります。

大阪府教員採用試験の待遇(給与)について

初任給は大学卒業者が月額約231,600円、短期大学卒業者が205,500円、修士課程修了者が262,100円になっています。この他に経歴などに応じて一定の基準より加算されたり、各種手当などがつくことがあります。

siken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。