学研教室会員にクラウド型デジタル教材提供を開始。「学研教室クラウドルーム」サービスを開始

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研エデュケ―ショナルは、同社が運営する、学研教室(全国約15000教室)で会員の家庭学習をサポートするWEBサイト「学研教室クラウドルーム」のサービスを4月から開始した。

学研教室では、これまでオプションの「学研iコース」(デジタル学習コース)会員限定に、学習専用タブレットを通じてのみ、デジタル教材を提供してきた。

しかし今回は、新たに開発したデジタル教材を、多くの学研教室会員に提供するために、BYOD(個人端末利用)方式を採用。インターネットに接続されたパソコンやタブレットさえあれば、「学研教室クラウドルーム」上から、学年や受講中の学習コースにあわせた豊富な学習コンテンツを、家庭で、いつでも利用することができる。追加のコンテンツ利用料は発生しない。

gakken

指導者や保護者も会員の学習履歴を確認でき、指導の際にアドバイスをしたり、保護者の方も安心して使用することが出来る。

学研教室は、指導者と印刷教材によるリアルな指導のWサポートが特徴だったが、「学研教室クラウドルーム」開設により、 専用タブレットによる「学研iコース」と“クラウド型”デジタル教材で、サポートを行っていく。今後も、同サイトでは、百科事典や自習ドリル、電子書籍等のコンテンツを、随時オープンし、学習コンテンツを充実させていく予定。今後のコンテンツは、学研教室会員のみならず、他の多くの小中学生にも、公開する方向で検討されている。

gakken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。