世界最大級のCtoC学習プラットフォームUdemyとベネッセの提携の背景、そしてサービスの現状は

Udemyは2015年春に、ベネッセとパートナーシップを結び、日本版Udemyを展開しています。

Consumer to Consumer(以降CtoC)のオンライン学習のプラットフォームで、「いつでもどこでも、明日を変える最高の学びを」を理念に掲げ、現在世界で1千万人以上の受講生と2万人以上の講師が登録しています。今回は、Udemyの日本展開を行うベネッセの小田様、菊井様にインタビューを行いました。

なぜベネッセは、Udemyとパートナーになったのか

いつでも、どこでも受講できるオンラインコース

ーーUdemyの「世界で7万人が受講!未経験者からWebプログラマーになるためのすべて」というコースは、7万人もの受講生がいるのですね

世界では約7万名受講しており、日本だけでも既に約7千人の方が受講しています。このコースのように、現在、IT系のコースが人気です。他にも、ビジネス系スキル、例えばマーケティング、事業計画、デザインなどのコースも多くの方が受講されています。

ーーベネッセが、数ある企業の中でUdemyとパートナーシップを結んだ経緯について教えてください

ベネッセは、教育・介護・語学・生活などの分野で事業を展開し、一人ひとりの学びと成長を一生涯にわたって支援する企業グループです。しかしこれまでの事業において大学生になるまでの学びの場は提供していましたが、それ以降は十分と言いにくい状況でした。

日本版Udemyは、そんな世代の「教えたい人」と「学びたい人」に新たな学びの場を提供するものです。つまり、一生学び続けることのできる環境づくりに、既にグローバルで加速度的な広がりを見せているUdemyとのパートナーシップがベストな選択であると考えました。

ユーザーの多様な学び・学習の関心に応えるには、CtoCのモデルがベスト

Udemy

ーーベネッセはCtoCのサービスを提供していませんが、CtoCのモデルのUdemyと組んだのには何か理由があるのでしょうか?

教えたい人と学びたい人をつなぐという、いわゆるCtoCのメリットは、実践的な学びを多様な内容やレベルで提供できることです。例えば、Excelのスキル一つを取っても、レベルも初心者から上級者まで多様ですし、学ぶ目的も多様化しています。利用者は自分にぴったりのコースを求めており、それを一企業がすべて網羅するのは非常に難しいことです。それらをつなぐシステムとしてC to Cという仕組みは良いのではないかと考えています。実際に様々な分野の専門家がコースを提供しています。

例えば、プラネタリウム解説員の方による星座の見つけ方のコースや、元市役所職員の方による役所職員向けの接遇を学ぶコースなど、私たちの予想を超えた多様なコースが、CtoCの仕組みによって生まれてきました。

ーーオンライン授業の多くは、大学と連携してオンライン授業を提供する形が多いと思いますが、その点との違いについて少し教えてください。

一流大学の講義をオンラインで無料受講できる、Massive Open Online Courses (MOOCs、ムークス)などにより、質の高い学びの機会が広がりました。

大学が提供するMOOCsは、アカデミックな内容が中心になりますが、Udemyでは業務やキャリアにすぐに役立つ、実践的な内容の講座がそろっているのが特徴です。

科学技術の発展により、求められるスキルも常に変化していきます。例えば様々なサービスで利用されるプログラミング言語のトレンドは年々変化していきますし、情報機器やインターネットの発達により、収集や蓄積が可能なデータが増しているので、それらのデータを活かすことのできる人材の必要性も近年増しています。このように、大学卒業後も常に学び続け、その時々で必要なスキルや知識を素早く身に付けることが、今後キャリアを積むうえでますます大切になるといえます。

UdemyはCtoCのプラットフォームだからこそ、各分野で実績のある専門家が実践的なコースを世の中のニーズにこたえて素早く提供することができることが特徴だと考えています。

ーー1番人気のコースは何がありますか?

登録者数が最も多いものは、「完全攻略!初心者からプロになるためのiOS 9アプリ開発のすべて」で、先ほどお話しした「世界で7万人が受講!未経験からWebプログラマーになるための全て」などのIT系のコースは人気です。

プログラミングやWEBデザインなどは、書籍で学ぶよりも、動画を活用した授業の方がより具体的な流れがイメージでき、理解しやすいという声があります。Udemyでは、そういった動画ならではの強みを生かせる講座が人気があります。

udemy

ビジネス向けで人気の講座「経営者たちのストーリー」

ーービジネス向けのコースはどういったものがありますか?

現在、ビジネスリーダーの方々に授業を担当してもらい、リーダーシップの考え方や、チームビルディングなどに関してコースを提供してもらっています。

例えば、「経営者たちのストーリー」という経営理論のノウハウに関して、星野リゾート代表の星野佳路さん資生堂会長の魚谷雅彦さんにお話しいただいている講座があります。

ーーC to Cのプラットフォームならではの苦労と、その工夫はありますか?

C to Cという形態は、講師の方が、カリキュラム作成や、ビデオ撮影、編集などを行うため、講師の方々が、コース作成をやりきることが一つのチャレンジです。

コースに関する知識は持っていても、撮影・編集技術などが不十分な場合があります。そのため、Udemyでは、講師がスムーズにコース制作ができるよう様々な支援を行っています。例えば、コースの制作方法をウェブ上に掲載したり、Facebook上にUdemy Studioという講師コミュニティをつくり、テクニカルなサポートやコースづくりの裏ワザ、最新のツールやアプリの情報などを提供しています。

このコミュニティでは、Udemy社員からの情報提供だけでなく、既に講師として活躍されている方や、コース公開の準備をされている方がお互いに助け合うなどの効果も生まれています。さらに、講師が他の講師向けに場で勉強会を開催するなど、自主的な取り組みも始まっています。

収入に自由に学ぶ教える

Udemy内には講師向けのコンテンツも豊富に揃えている

ーー講師の方々にとっての収益の仕組みについて教えていただけますか?

講師の持つノウハウをUdemyのプラットフォームで広げていくために、講師が既にコミュニティを抱えていて、既存のコミュニティに対してUdemyを通じて授業を提供する場合、Udemyが収益を取らないという仕組みにしています。

講師が抱えているコミュニティ以外で、Udemyから申し込みがあった場合には、Udemy・ベネッセ・講師で3等分する仕組みとなっています。そのため、講師にとってUdemyで授業をすることが不利益にならないようにしています。むしろ、もっているノウハウをもっと広げていくという観点からUdemyのプラットフォームを活用していただいています。

ーー現在、一押しのコースはありますか? 

「データサイエンティスト養成講座」がおすすめです。データサイエンティストとは、ビジネスのフレームを作る人や、データを解析する人、エンジニアリングする人などの総称です。米Gartner社によると、データサイエンティストは日本で将来的に25万人不足すると言われている職業です。現在、大学では統計解析の授業は行われているものの、それをビジネスの場で応用することまでできる人材は少なく、社会的な重要性が高まっています。

今回の授業では、現在データサイエンティストの最前線で活躍されているNTTデータ様などと共に、オンライン講座を提供していただいています。また、他にも初級から中級までコースを3月下旬にリリースしました。上級レベルは4月にリリース予定です。

また「サイバーセキュリティ ~ハッキングと防御 ビギナー編」と呼ばれる、サイバーセキュリティに関するコースも、先日リリースしました。このコースでは、実際のハッキングテクニックやサイバースペースの現状を理解することにより、サイバーセキュリティ対策を学ぶことができます。2020年には東京オリンピックが行われるなど、サイバーセキュリティの重要性はますます高まってきているものの、日本での専門家は多くありません。高度にデジタル化された社会に対応するためのコースです。

こちらも、

サイバーセキュリティの専門家による、実践的な内容の講座です。シリアスなテーマにも関わらず、講師の方々が非常に面白く、かつわかりやすく教えてもらえる講座です。

このようにUdemyでは社会的な課題やニーズに対応したスキルや知識を身に付けるコースもそろっています

ーー今後、力をいれていくことについて教えてください

コースのラインナップの充実です。アメリカでは現在4万ものコースが提供されているものの、日本ではまだ500弱です。講座の網羅性という観点から、今後も充実させていき、「いつでもどこでも、明日を変える最高の学びを」を今後も実現していきます。

Udemy

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。