EnglishCentral、多摩市立愛和小学校の研究発表で授業が公開

株式会社イングリッシュセントラルは、オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」のスマホ・タブレット版を東京都多摩市立愛和小学校の五年生に提供し、その授業の様子が3月12日に同校で行われた研究発表にて公開した。

多摩市立愛和小学校でEnglishCentralが活用される様子

公開された授業では、EnglishCentral内にあるイソップ物語の「北風と太陽」をテーマにした動画が活用され、子どもたちはタブレット上のEnglishCentralアプリを使ってクラス内でリスニングや単語のタイピングを行った。

動画と音声による視覚聴覚に訴えたコンテンツと、ゲーム感覚で楽しめるタイピングで、生徒たちが飽きることなく活発にタブレットを操作する姿が観察された。また、子どもたちはすでに自宅で同コンテンツを宿題の一環として実施していたため、授業自体もスムーズに進行していた。

今回の取り組みについて、同校の松田校長のコメント

『次期学習指導要領の策定において、文部科学省は「現在小学校5,6年生で行われている英語活動を中学年から始め、高学年ではコミュニケーション能力の基礎を養うことを目標に教科化を検討」しています。またICTを活用した授業方法等を積極的に取り入れることも議論されており、EnglishCentralは、まさにこの流れに沿った極めて有効な英語教育を小学校現場で実現する素晴らしいコンテツであると実感しています。
何よりも動画が精選されており、短くクオリティーが高い。このため子どもたちは動画にのめり込み、自然と英語に親しんでいきます。興味・意欲がわけば家庭でも学ぶことができ、一人一人のニーズに応じたアダプティブな学びを保障できるところもEnglishCentralの大きな魅力です。』

イングリッシュセントラルは今後も、学習者の興味ややる気を大切にしながら、語学教授法に基づいた単語学習やスピーキングの機会を提供し、層を問わず幅広く英語のコミュニケーション能力を高めることに貢献していくとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。