学び事・習い事事情を調査する「人気おケイコランキング ミドル・シニア編」の結果

リクルートライフスタイルに設置された社会人の学び事・習い事に関する調査機関である「ケイコとマナブ総研グループ」は、学び事・習い事事情を把握するため全国の20~34歳の働く男女を対象に「人気おケイコランキング」調査を毎年実施しています。本年はさらに、ミドル(35~49歳)、シニア(50~64歳)に対象を広げ、働く人の学び事・習い事事情についてアンケートを実施しました。

 

人気おケイコランキング~この1年間にやった学び事・習い事~

d11414-263-531657-1

女性 ミドル・シニア層

女性では、ミドル・シニアともに、1位は「英語」。「韓国語」「中国語」も年齢とともに回答率があがり上位になっており、中高年の外国語学習意欲の高さがうかがわれる。また、「ヨガ・ピラティス」「フィットネス」は年齢を問わず人気。
シニアでは学ぶ目的として「好きなことに没頭するため」が上位となり、趣味系のジャンルが特に人気が高い傾向となった。

 

男性 ミドル・シニア層

「英語」「簿記」「ファイナンシャルプランナー」など上位の項目は年齢を問わず人気。一方、ミドルでは「行政書士」をはじめ独立も視野に入る難関国家資格、シニアでは「プライベートの充実」を目的とする「書道」「社交ダンス」などの趣味系の習い事の人気が高くなっている。

 

学ぶ手段、頻度、予算の特徴

男女とも、年齢が上がるごとに独学を選ぶ率が下がり、通学形態を選ぶ率が高まっています。また、年齢帯が下がるほど、また男性のほうが、週当たりに通う頻度が高い。予算は、女性は年齢が上がるごとに減少傾向だが、男性は上昇する傾向が見受けられます。
「学びの手段」「通う頻度」「支払い方法」「かけた金額」「予算」それぞれの項目で、性別・年齢による特徴が出た。女性よりも男性のほうが年齢帯による変化が大きくなっています。

調査の紹介はこちらから

http://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2016/03/RecruitLifestyle_keimana_20160311.pdf

 

d11414-263-531657-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。