「資格スクエア」を運営するサイトビジット、人工知能を活用した脳科学ラーニングを追加

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、脳研究者・池谷裕二氏監修のもと、人工知能を活用した脳科学ラーニング(問題演習機能)を2016年3月15日にリリースしました。独自のアルゴリズムにより、個人の理解度に合わせた問題が提示でき、従来よりも確実な記憶定着が実現します。このサービスは司法試験講座、行政書士講座を皮切りに、順次提供を開始します。

人工知能を活用した脳科学ラーニングの特長

d16118-5-880241-1

①「学習者の理解度×全体の正答率」による問題提示

解答を「もちろんO」「たぶんO」「たぶん×」「もちろん×」の4択にすることで、記憶が曖昧な状態で正解した問題も判別可能です。それにより復習時には、「学習者の理解度×全体の正答率」をもとに出題順位が選別され、繰り返すごとに学習者の理解度に沿った問題提示が可能です。

② 3種類の問題演習を搭載

脳科学ラーニングには、講義ごとにO×形式の問題を出題する「理解度チェック」、その理解度に合わせて複数講義分を出題する「確認テスト」、受講者全員が共通した問題を解くテスト形式の「総復習テスト」の3種類の問題演習があります。

③成績・進捗管理機能の「見える化」で学習モチベーションもサポート

脳科学ラーニングの成績や講義の視聴進行度は、成績・進捗管理機能で閲覧可能です。合格ラインまでにはあとどのくらいなのか、自分の学習はどれくらい進んでいるのかを可視化することにより、合格までの見通しを明確に位置づけられます。今後、他受講者との比較も可能になります。

プレスリリースはこちら
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000016118.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。