ソニー・グローバルエデュケーション 、ロボット・プログラミング教育キット「KOOV」を発表

ソニー・グローバルエデュケーションは、ロボット・プログラミング教育分野に向けて新たなコンセプトに基づく教育キット「KOOV(クーブ)」を発表しました。

教育キット「KOOV(クーブ)」を発表、創造的な課題解決ができる人材を

創造的な課題解決ができる人材育成に向けて、STEM教育科目でロボットやプログラミングが教材として重要な役割を果たすなか、ソニー・グローバルエデュケーションはSTEM教育科目を初等教育向けに再編成し、グローバルにサービスを展開するための新しいカリキュラム「STEM101」を昨年秋に策定しました。STEM101はThink(思考力)、Make(創造力)、Feel(探究力)の三つのプログラムで構成され、KOOVは、その中で<Make:技術・工学が中核となり、ロボット、プログラミング等のものつくりを習得する「創造力」 プログラム>を第一弾に具現化したものです。

教育キット「KOOV(クーブ)」

img01
KOOVは、自由な形を作れるブロックと電子基板に、作った形をロボットとして動かすプログラムで構成するロボット教育キットです。KOOVロゴは、デジタルを示すIOと、数学的な記号の<>から構成しており、あらゆる形を生み出せるデジタル時代のブロックを表現しています。また、KとVはコンピュータサイエンスにおけるKeyとValueの概念も示していて、通常は一意に確定するKとVのペアが、OOからなる無限マークで接続されることで(K∞V)、無限の組み合わせが創作できる様子を表現しています。また7種類の透明ブロックを組み立てて遊び(Play)、プログラムで動かして発見することで(Code)、創造力を育成する(Create)という、KOOVの指向も込められています。

2016年夏に商品化予定

なおKOOVは2016年夏に商品化の予定です。そして、ソニー・グローバルエデュケーションは、KOOVの商品化にあたり、学校教材のトップメーカーであるアーテックと共同開発契約を締結し、製品開発を始めました。アーテックの教材開発力とソニー・グローバルエデュケーションのソフトウェア、ネットワーク関連の技術力、グローバルな事業ネットワークを掛け合わせ、両社でロボット、プログラミング教育の事業拡大に向けた活動を進めています。

技術の進化や環境の変化により社会が過度に複雑化する中で、地球規模の課題が増加しています。
これからの社会では、知識の習得だけでなく、知識を活用して問題を解決する能力が求められ、思考力や判断力、表現力をより重視した人材育成が教育現場でも重要となっています。STEMは、これらの能力を育成する中核の教育課程であり、ソニー・グローバルエデュケーションは、情報を察知し論拠を挙げながら種々の課題を解決する、21世紀型スキルを有するSTEM人材育成にKOOVが寄与するよう積極的に活動をしていく予定です。

プレスリリースはこちら
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201603/16-0308/index.html

名称未設定_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。