子供が生まれ起業。子供向けITスクールとお仕事体験を提供するプロキッズ

株式会社プロキッズは、子供の未来を支えるために「IT・プログラミングスクール」や「職業体験ツアー」を提供するスタートアップです。2015年NECを退社し、同年9月から活動を開始し、わずか3ヶ月あまりで2016年1月に法人化。株式会社プロキッズ 代表取締役 原正幸氏にサービスとその背景について伺いました。

※株式会社プロキッズでは、KDDIオフィスにて4月2日(土)〜3日(日)13:15-18:00に【春休み特別企画】ITお仕事体験へGo!を開催します。

DSC04033

株式会社プロキッズ 代表取締役 原正幸氏

ーー原さんのキャリアについて教えてください

昔から「難しいことをいかにわかりやすく伝えるか」を考えることが好きで、大学時代は家庭教師として、子供たちに数学などを教えていました。その後、NECで法人向けサービスのSEとして勤務し、コンシューマ向けサービスに携わりたくてBIGLOBEへ異動しました。そして、子供が生まれたことを機に、子供たちの未来を支えていきたいと強く思い、BIGLOBEを退職し、教育事業としてプロキッズを立ち上げました。

ーープロキッズで提供しているのはどんなサービスですか?

子供が夢や興味を見つけるためのきっかけを作り、支えていきたい・・・。そんな想いから、子供に未来スキルが育つようなサービスを提供しています。具体的なサービスとしては、小学生から中学生の子供向けの「IT・プログラミングスクール」や子供が憧れの職業の人と実際に会うことができる「憧れの職業体験ツアー」の2つを提供しております。

ーープロキッズで大事にしていることは?

子供の好奇心を刺激できるような体験型コンテンツにすることを大切にしています。特にプログラミングは、いきなり難しい部分をやらせるのではなくて、まずは小さな成功体験を積んで楽しむことが大切です。そこで「もっとやりたい」と感じたら、次にだんだん多くのことを伝えていきます。そうすることで、子供の成長スピードが加速し、「もっとやりたい!」が継続すると考えています。

ーープログラミング学習はいろんなサービスが増えていますが、どんなメリットがあると思いますか?

プログラミング学習はプログラマになるためだけに必要というわけではありません。

例えば、「自動販売機って何ができる?」という質問を子供にすると、普通の子は、「お金を入れると飲み物が出る。」というような答えをします。しかし、プログラミングを学習している子は違います。「入れた硬貨を判別できる」「在庫切れの管理ができる」「お釣りを計算できる」など様々な機能を列挙することができるのです。これは、物事を把握し、分析する力がついていたりする証拠です。物事をより具体的に考えられるということがわかります。こうした論理的思考力や考える力の土台ができやすいことは、プログラミングのアウトプットの速さの1つです。社会にでても通用する力が身につくことは、プログラマにならなくても、大切なことだと思います。

prokids

ーー現在の利用状況、どんな方が多いでしょうか?

ITスクールは、隔週コースを8,100円/月で港区に開校しています。スクール生の保護者さまにお話を伺うと、元々子供向けのプログラミングに興味があったようです。親御さんの視点からすると、身近で学習できる環境というのは非常に重要だと思います。そんななかでプロキッズに対して、「子供が毎週楽しみにしている」「隔週ではなく毎週やってほしい」というお声を頂戴し、大変励みになっております。

また、お気軽にご参加いただける週末イベントとして、毎月親子参加型のワークショップを開催しています。こちらは、プログラミングでクリスマスカード作りをしたり、ロボットプログラミングをしたりしています。

ーープログラミングのスクールに加えて、「子供の憧れの職業の人と実際に会うことができる職業体験ツアー」も運営していらっしゃいますが、その背景は?

職業体験ができるサービスはありますが、実際に働く大人の真剣な姿を間近で見られるサービスが身近にあまりないなと感じたことがきっかけです。そこで、プロのパティシエや建築家の方にご協力頂いて、直接仕事ぶりをみて、お話を聞ける場作りをしています。

また、パティシエの場合であれば、ただ会話をするだけではなく、プロの技を教えてもらいながらホールケーキを作るなど体験型ワークショップも開催しています。 こういった活動をする背景は、IT関係だけではなく、たくさんの真剣に働く大人の姿や手を動かす体験を通して、子供たちに夢や興味の範囲を広げてほしいという想いがあります。

ーー今後の展望、大事にしたいことを教えてください

少数でも熱狂的なファン作りを大事にしたいと考えています。そのための場作りをもっともっと増やしていきたいです。プロキッズで提供できるものの価値を磨き上げ、もっともっと子供の未来に寄り添えるような提供コンテンツを増やしていきたいと考えます。

《告知》:株式会社プロキッズでは、KDDI本社にて4月2日(土)〜3日(日)13:15-18:00に【春休み特別企画】ITお仕事体験へGo!を開催します。

 

DSC04033

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。