本格的な授業が無料で学べるgacco、 2年で『100講座』延べ受講者数『50万人』を突破!

ドコモgaccoが提供する大規模公開オンライン講座の「gacco(R)(ガッコ)」講座数が、2014年2月のサービス開始から約2年で100講座を超えるとともに、延べ受講者数が50万人を突破しました。

東大授業、日本政府主催授業、そしてあの天才科学者の授業までも

第一弾の東京大学・本郷 和人教授の『日本中世の自由と平等』講座は、2万人の受講生を集めメディアでも大きな話題となりました。さらにサービス開始当初から提供していた教養系の大学講座に加え、受講者のリクエストに応える形で提供を開始した、経営学やマーケティング、統計学などをテーマとしたビジネスパーソン向け講座も好評です。

具体的には、マツコロイドなど多くのロボットを開発してきた大阪大学・石黒 浩教授の『人とロボットが共生する未来社会』講座、テレビのバラエティ番組などでも活躍中の脳科学者・茂木 健一郎先生の『脳と創造性』講座、さらには、『よくわかる!iPS細胞』講座や『3Dプリンタとデジタルファブリケーション』講座など、多くの方が興味あると思われるテーマや旬なテーマをいち早く開講することで受講者のニーズに応えています。

現在は大学以外による本格的な講座の提供も増え、日本政府や自治体プロデュースによる講座では“学びを通じた経済成長や地方創生”が、専門学校や企業プロデュースによる講座では“実践的な知識やスキルの習得”が目的として提供され、知識や資格を実業に活かすことが出来ると好評です。

gaccoの今後の展開

今後開講予定の講座としては、総務省統計局による『社会人のためのデータサイエンス演習』講座、英会話のイーオンによる『新出題形式対応TOEIC(R)600点突破』講座など、より実践的な講座を準備中です。

『社会人のためのデータサイエンス演習』講座は、延べ2万人を超える受講者数を記録したgaccoでも屈指の人気講座『社会人のためのデータサイエンス入門』の第2弾として開講予定で、業務やビジネス上での分析事例を中心に実践的なデータ分析(統計分析)の手法を学べます。また、『新出題形式対応TOEIC(R)600点突破』講座では、多くの企業・団体・学校で幅広く活用されているTOEIC(R)において、2016年5月29日実施の第210回公開テストから採用される新出題形式テストの対策が出来る内容となっていて開講前から注目を集めています。
『新出題形式対応TOEIC(R)600点突破』講座では、gaccoの特徴のひとつであるインライン講座で学習した内容をもとにオフラインで発展的な講義を行う“対面学習コース”も予定されており受講者の期待が高まっています。

プレスリリースはこちら
https://www.atpress.ne.jp/news/92628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。