スマホで気軽にネイティブに質問ができるQAサービス「HiNative」、Androidアプリをリリース

HiNativeは、株式会社Lang-8が運営する、語学や文化について、ネイティブスピーカーにスマホから気軽に質問できるサービスです。Lang-8はもともと、全ての言語学習者のための、相互添削型SNS「Lang-8」(学習中の言語で文章を書くと、その言語を母国語とするユーザーが添削をしてくれるSNS)を運営していますが、文章をしっかりと書くより、もっと気軽にふと浮かんだ質問をスマホで出来るようになっているのが、「HiNative」です。

スマホのマイクで音声を投稿出来たり、質問テンプレートを使って簡単に質問が出来るようになっています。カジュアルにネイティブに質問の出来るQAサービスです。

HiNative___全ての外国語学習者のためのQ_Aサービス。

※サービスのイメージ動画(英語です)

2014年の10月にアジアや北米で先行してリリースし、既に170以上の国のユーザーがサービスを利用しており、質問や回答のやりとりを行っています。現在も国内では積極的にプロモーションを行っていませんが、順調にユーザー数を伸ばしています。

現在では、国内でもアプリの利用が可能になっており、先週Android版のアプリがリリースされています。今後はIT業界のビジネスパーソンをターゲットにした大型のアップデートを予定しており、語学学習のプラットフォームになることを目指しています。

株式会社 Lang-8の求人・採用・転職情報はこちら

HiNative_-_Learn_Languages_-_Google_Play_の_Android_アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。