クラウドワークス、IT教室事業を行うテックプログレスの第三者割当増資を引き受けることが決定

クラウドワークスは、小中学生を対象とした、プログラミングやロボット、3Dプリンター等の最新機器を使ったものづくりなどを教えるIT教室事業「テックプログレス」を展開するテックプログレスによる第三者割当増資を引き受けることを決定しました。

増資引受の目的

テックプログレスでは、今回の資金調達により、小中学生を対象とした最先端のIT教育拠点のフランチャイズ展開にあたる体制構築とそれに伴う人材の採用、直営教室の新規出店を実施する予定です。

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」の運営により、エンジニア、WebデザイナーをはじめとしたIT人材にオンライン上で仕事ができる環境を提供しています。その中で、国内クラウドソーシング市場拡大のため、クラウドソーシングサービス上で必要となる高度なITスキルを備えた人材を増やすことが必要であると考えています。

今回の投資を通じ、アベノミクスの成長戦略の1つである「第四次産業革命」に向けたIT人材育成の一環として、小中学校でのプログラミング教育が開始される動きに対応するとともに、テックプログレスが提供する教育サービスと連携しクラウドソーシングで活躍するIT人材の育成に取り組むとしています。

プレスリリース URL http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000087.000009958.html

 

小中学生を対象としたプログラミング教育を行う株式会社テックプログレスの第三者割当増資引受に関するお知らせ|クラウドワークスのプレスリリース

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。