熊本県教育委員会が県立高校10校にて「動画配信教材活用事業」開始、「受験サプリ」をICT教材として採用

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス『受験サプリ』は、都道府県教育委員会としては全国で初めて、熊本県教育委員会と協働し、平成28年度4月から開始する同委員会の「動画配信教材活用事業」におけるサービス提供を1月29日に発表した。

同事業により県立の地域進学重点校10校に『受験サプリ』を導入することが決定、まずは利用希望の生徒に対して運用を開始する。

 

熊本県教育委員会における「動画配信教材活用事業」の目的と期待される効果

近年、熊本県では、生徒の学習習熟度の差が以前より拡大しているとの声が、学校現場からあがっている。学び直しを必要とする生徒、授業の進度に先行して先取り学習をしたいと考える生徒等、様々な習熟度の生徒が1つのクラスに混在している状況です。そこで、生徒が自分の習熟度に応じて「いつでもどこでも」学習に取り組むことのできる『受験サプリ』は、現在の学校現場において、個々の生徒のニーズに対応できる学習ツールとなる可能性がある。

地域進学重点校(県内の各地域における進学拠点校)に動画配信教材として『受験サプリ』を導入し、様々な習熟度にある生徒たちの学力の底上げと学習意欲の向上を図り、授業をはじめとする学校現場での学びの活性化を目指す。

また、『受験サプリ』の視聴による教師の指導力向上も狙いとしている。

pic01_jyuken_kumamoto

 

導入高校

・熊本県立荒尾・岱志高等学校(熊本県荒尾市/校長:城戸申一)
・熊本県立鹿本高等学校(熊本県山鹿市/校長:那須寛)
・熊本県立菊池高等学校(熊本県菊池市/校長:竹下昇志)
・熊本県立阿蘇中央高等学校(熊本県阿蘇市/校長:中島一成)
・熊本県立大津高等学校(熊本県菊池郡/校長:瀬口和弘)
・熊本県立御船高等学校(熊本県上益城郡/校長:米納康志)
・熊本県立八代清流高等学校(熊本県八代市/校長:冨下春海)
・熊本県立水俣高等学校(熊本県水俣市/校長:岩本修一)
・熊本県立人吉高等学校(熊本県人吉市/校長:深水裕二)
・熊本県立天草高等学校(熊本県天草市/校長:前田三千治)

 

導入方法

※いずれも利用希望の生徒を対象としています。平成28年度4月からの実施予定

  1. 『受験サプリ』の「到達度テスト」を受検し、その結果から生徒一人ひとりが自らの弱点を把握
  2. 弱点克服のために自分が視聴すべき動画を特定
  3. 自宅学習教材として利用
  4. 「テキスト」を利用して個々に応じた学び直しを校内で実施(宿題や補講など)
  5.  生徒がどのような動画を視聴したかが確認できる「学習管理システム」により、教科担当者や担任は個々の生徒の学習状況を把握、個に応じた的確な指示を行う



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。