デジタルハリウッド大学院、サイバーエージェントと共同でクリエイティブ系科目を大幅刷新

デジタルハリウッド大学院では、「アジャイルデベロップメントラボ」の開講、「コンテンツビジネス分析ラボ」の開講や新任教員の決定に続き、2016年度の新カリキュラムの中核的な革新として、「クリエイティブ系科目の再編」を実施します。

2016年度の新カリキュラムの中核的な革新

d496-1036-118138-1
この再編では、サイバーエージェントとの産学協同で、クリエイティブ分野の科目を大幅な刷新を行います。デジタルハリウッド大学院では、デジタルコンテンツマネジメント修士(専門職)を育成するためのカリキュラムを、「ビジネス」「クリエイティブ」「ICT」の融合というコンセプトにより編成し、各領域の専門科目を設置してきました。
特に「クリエイティブ」の分野においては、コミュニケーションテクノロジーの進化と普及にともない、年々複雑性が高まっています。それに伴い、基礎的な科目群であるほど、それを横断できる視点や考え方で統一された教育設計が求められてきました。

こうした背景から、デジタルエージェンシーとして優秀な実務家を多く擁し、新卒から中途まで豊富な人材育成の体制・実績を持つサイバーエージェントとクリエイティブ分野の科目再編を行うことになりました。サイバーエージェントは、既存の枠やルールにとらわれずに様々なデジタルコミュニケーションを企画・設計・制作してきた実績と、デジタル全盛時代に突入しコミュニケーションのルールが変わることを大前提にできるマインドを持っており、デジタルセントリックな思考による講義内容を受講することができます。
講師陣はインターネット広告事業本部クリエイティブ・テクノロジー局の二宮功太局長をはじめ、各科目の内容に関する第一線スペシャリストが登壇します。

クリエイティブ分野の中核として新規開講する科目は以下の4科目です。
①    「コミュニケーションデザイン概論」
②    「テクノロジー&コミュニケーション概論」
③    「デジタル時代のアートディレクション概論」
④    「デジタルにおけるコピーライティング」

講師陣、新規開講4科目の詳細は下記URLにて
http://gs.dhw.ac.jp/event/160209/

開校記念イベント「“Be A Creative Survivor”~激動の時代を生き抜くために、今身に付けるべきクリエイティブスキルとは。」

今回の産学協同講座の開講にあたり、「“Be A Creative Survivor”~激動の時代を生き抜くために、今身に付けるべきクリエイティブスキルとは。」と題して、開講記念イベントを開催します。担当講師4名が登壇し、各科目のコンセプトや内容を紹介します。

自身あるいは自社のビジネスプランを、コミュニケーションやクリエイティブの力によってより広く、深く伝えたいと思っており、そのための方法論を知りたい方や、コミュニケーション、クリエイティブ領域で将来プロフェッショナルになりたいと考えており、そのための方法論を知りたい方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

<開講記念イベント 開催概要>
名 称: “Be A Creative Survivor”~激動の時代を生き抜くために、今身に付けるべきクリエイティブスキルとは。
日 時: 2月9日(火)19:40~21:30 (開場19:20)
登壇者: 二宮功太氏/中橋敦氏/末永剛氏/酒井英典氏(株式会社サイバーエージェント)
モデレーター: 本多忠房教授
会 場:デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F
参 加:無料
主 催:デジタルハリウッド大学大学院

<申し込み>
下記の申し込みフォームより登録
http://gs.dhw.ac.jp/event/160209/
プレスリリース URL http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001036.000000496.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。