ナイトズーキーパー、英語ライティング学習ツール『Class Writer』1月18日から販売開始

Night Zookeeperは、パソコンやiPadのWEBブラウザで利用できる英語のライティングスキル向上を目的とした学習支援ツール『Class Writer(クラスライター)』を全国の小学校、中学校、高等学校および学習教室、学童(アフタースクール)を対象に2016年1月18日より販売開始しました。

「英語を書く」ことにフォーカスしたサービス

d12423-7-231262-1
(ユーザー登録後すぐに全ての機能を2週間無料で試すことができます。)

商品発売の背景

d12423-7-683484-2
中央教育審議会が2014年12月22日の第96回総会において、大学入学希望者学力評価テスト(仮称)の在り方として、“英語4技能を総合的に評価できる問題の出題(例えば記述式問題など)や民間の資格・検定試験の活用により、「聞く」「読む」だけではなく「話す」「書く」も含めた英語の能力をバランスよく評価する 。”との答申を発表しました。

また小学校の学習指導要領の改定において2020年までに、英語教科の開始時期が小学校5年生から3年生へ早期化されるなど、新たな英語教育のための改革が始まっています。 急速なグローバル化の進展の中で、現行の英語教育では重要視されていなかった表現やコミュニケーションのための「書く」技能の指導強化が求められています。

同時に文部科学省はICTの活用による新たな学びの推進にも取り組み、学校へのパソコンやタブレットの導入が進む一方、それら機器を活用した授業作りのために有用なコンテンツのニーズが高まっています。

その背景を受け、Night Zookeeperでは英訳ではなく、自分の考えや創作の表現を英語でライティングする活動を促進するための学習支援ツールの企画開発を進め、インターネット環境とパソコンかiPadがあればいつでもどこでもすぐに利用できる『Class Writer』を発売しました。

商品の特長

d12423-7-739903-3
(1)英語で表現するアウトプットトレーニング
生徒が英語で文章を書くことを自然に、そして積極的にできるよう、ライティング学習をサポートする機能を備えています。先生のアイデアや生徒たちで決めたテーマを使ったライティングの授業に使うことができます。

(2)日本中、世界中とつながる空間
Class Writerはこれまで日本以外の世界各地で約2,000校に利用されています。英語のライティングを学ぶ全ての学生同士で、描いた絵や書いたストーリーを共有し、コミュニケーションを取ることができます。

(3)先生と生徒のコミュニケーション
英語を道具として使いこなす感覚を養ってほしいと考え、コミュニケーションの利便性を重視したインターフェースを採用しています。先生と生徒、生徒と生徒のコミュニケーションを通じて普段は気づかない個性に出会うかもしれません。

(4)先生オリジナルのミッション作成
生徒へのライティング課題を先生が独自に制作し、配信することができます。クラスの習熟度や授業方針、学習内容にあわせて活用できます。

(5)楽しみながら学べる、ナイトズーキーパーの世界
長年にわたって構想された“ナイトズーキーパー”の世界の中で、かわいくてちょっと不思議なキャラクターたちが学びを演出しています。 遊び心満載のコンテンツデザインは、きっと生徒たちを学びの退屈さから開放してくれるでしょう。
プレスリリース URL http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000012423.html

「Class Writer」商品ページ URL http://www.nightzookeeper.jp/classwriter/

株式会社Night Zookeeperの求人・採用・転職情報はこちら

d12423-7-683484-2_jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。