リクルートマーケティングパートナーズ、鎌倉女子大学と保育園における共同プロジェクト開始

リクルートマーケティングパートナーズは、2016年1月18日より学校法人鎌倉女子大学の小泉裕子研究室と保育園における共同プロジェクトを開始しました。

保育現場におけるスマートデバイスやアプリケーションなどICT化の有効性について研究

d10032-167-653325-1
保育者の業務効率化を図り、保育に関する実践の質的向上を目指すと共に、保育者と保護者のコミュニケーションにおける、良好な連携を紡ぎ出すためのスマートデバイスやアプリケーションなどICT化の有効性を研究テーマとし、11法人・13保育園と提携して実施していきます。また、保育者を目指す鎌倉女子大学の学生と共に、次世代の保育者に必要な未来の保育のあり方についても研究し、本プロジェクトの成果で得た知見をもとに産学連携をより一層深め、保育事業者、保育者、保護者を中心とした保育・子育て環境のさらなる価値向上を目指していきます。

 

研究概要

1.保育者の業務効率化による、保育に関する実践の質的向上
2.保育者と保護者のコミュニケーションにおける、スマートデバイスやアプリケーションなどICT化の有効性
3.次世代の保育者に必要な未来の保育のあり方

プレスリリース URL http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000167.000010032.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。