キャスタリアとNPO 、日本国内のブラジル人学生へモバイルラーニング教育支援を開始

キャスタリアは、NPO 法人「在日ブラジル人を支援する会」(以下Sabja)と共同で、国内のブラジル人学校の生徒を対象に、スマートフォンによるブラジルの中等教育全国学力認定試験 (ENEM: エネム)に向けた学習支援を1月18日より開始します。

*ENEM とは
2009 年よりブラジル政府が導入した中等教育における学習到達度を測る試験。入学試験の合否や奨学生選定など、ブラジルの各大学が独自に行う試験と共に入学試験などで利用されます。このプロジェクトは 2016 年 1 月から 9 月にかけて実施され、キャスタリアの開発するラーニングプラットフォーム 「Goocus」(呼称:グーカス)を用い、ブラジルの大学入学試験で求められる難易度の学習を、スマートフォンなどを用いて学んでいきます。

日本国内のブラジル人学生によりよい教育を

d8167-16-983594-0
現在日本国内には 17 万人のブラジル人が居住しており、外国人としては4番目に大きな人口となっています。母国語であるポルトガル語での教育を行うブラジル人学校は国内で 39 校あり、多くのブラジル人子弟が通学しています。

なかには高校卒業後の進路としてブラジルでの大学進学を目指す学生もますが、現状では入学試験に必要な教育が足りなく、それを補充する手段もあまり無い状況です。 このプロジェクトではキャスタリアは技術およびコンテンツの作成を担当し、 Sabja は学校や学生たちへのサポートを行います。開始時は3校での利用を予定しています。今回使用する Goocus はユーザインターフェースがポルトガル語を含む5ヶ国語対応しており、学生にとっても使い易いものになっています。

キャスタリアは、学習者の学習開始時間や学習到達度といった学習データを蓄積しサービスに活かすことで、学習者の日常生活に根ざした、途中でドロップアウトさせない「継続する学習」をモバイルラーニングサービスとして提供しています。

このプロジェクトにおいては、「Goocus」の大きな特徴の一つであるソーシャル機能を用い、一人で勉強するのでなく、アプリを通じて学校内外の学習者と共に学習することで学習に対するモチベーションを維持し、継続学習を通じての学力向上を目指します。また同時に既存の学校の授業にも組み込んで学習履歴などを分析しながら最適な学習を提供するための研究も行います。

在日本ブラジル大使からのコメント

d8167-16-327602-1
(アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ大使(右)とキャスタリア代表取締役山脇智志(左))

プロジェクトに関して、アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ在日本ブラジル大使のコメントです。

Sabja とキャスタリアが提携し、日本のブラジル人学校の生徒たちに Goocus を無料で提供するという知らせに、ブラジル大使館員一同は大いなる充足感を覚えました。生徒たちをブラジルの教育システムに近づけ ENEM に向け準備させるこのプロジェクトは、ブラジル人コミュニティの優先的なニーズに応えると同時に、様々な学校から集まる生徒たちの交流を拡大させる可能性を導きだすものです。

プレスリリースURL http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000008167.html

プレスリリースファイル http://prtimes.jp/a/?c=8167&r=16&f=d8167-16-pdf-0.pdf

プレスリリース参考資料 http://prtimes.jp/a/?c=8167&r=16&f=d8167-16-pdf-1.pdf

キャスタリア グーカス URL  http://gooc.us/

在日ブラジル人を支援する会(サブジャ) URL http://www.nposabja.org/index.php/jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。