社会人向け学習サービス「ShareWis(シェアウィズ)」、 知識とあなたの出合い系アプリとして大幅リニューアルを実施

株式会社シェアウィズは、同社が運営する、社会人向けの無料学習サービス「ShareWis(シェアウィズ)」を、3分動画と1問クイズでサクッと学べる、知識とあなたの出合い系アプリとして、リリース以来最大の大幅なリニューアルを実施しました。

 

リニューアルの経緯と詳細について

ShareWis_new01

ShareWis(シェアウィズ)は、2012年5月のβ版リリース以降「知識の地図」で学ぶ社会人向け無料学習サービスとして、Webサービスとスマートフォンアプリを提供してきました。この度、より気軽に学ぶことができ、学習のきかっけの提供に特化したサービスへと刷新するため、大幅なリニューアルを行いました。リニューアルでは、「1. 学習コース内容の全面的な刷新」「2. スマートフォンに特化したUI開発」および「3. 開発言語の変更」を経て、新しいバージョンのiOSアプリ(Android版は現在開発中)をリリースいたしました。

 

  1. 学習コース内容の全面的な刷新

新しいShareWisでは、3分未満の短い動画と1問クイズで気軽に学べるコースを提供しています。これまでは、5分〜10分程度の動画と複数のクイズからなる学習コースを提供しておりましたが、スマートフォンで空いた時間にサクッと学べる体験を実現するため、学習コースの全面的な入れ替えを実施しました。リリース時の学習の分野としては、旧サービスでもニーズの高かった「プログラミング」「ソフトウェアスキル」「Webマーケティング」の領域を取り揃えています。今後は、経済、ビジネススキル、趣味、学術系分野など順次拡大を予定しています。

 

  1. スマートフォンに特化したUI開発

今まで提供してきた「知識の地図」のUIを見直し、スマートフォンで片手で操作できる、新しい「知識の地図」のUI(地図とリストが動的に切り替わるUI)を開発しました。手のひらで、学びたいものの選定から、動画の視聴、クイズの回答まで完結できる、ライトな学びの体験を提供します。また、学習コースを完了することで、新たな領域に進めるようになるアンロック機能や、特典付きのバッジを獲得できる機能などを新たに導入し、楽しみながら、知識との出合いと広がりを体験できる演出を強化しました。

 

  1. 開発言語の変更

リニューアルにあたり、サーバ側の開発環境を、これまでのRuby on RailsからScala + Play Frameworkによる開発環境にシフトしました。世界的には、TwitterがScalaを採用するなどの事例が有名です。また、スマートフォンアプリケーションの開発にはReact Nativeを採用し、スマートフォンアプリ開発の開発速度の向上を狙いとしつつ、ShareWisのエンジニアチームも継続的に成長してまいります。

 

  • CtoC投稿機能のクローズについて

今回のリニューアルのタイミングで、知識との出合いを実現する、最適な学習コースを一から設計するため、今まで提供してきた一般ユーザーからの学習コースの投稿機能をクローズしました。リリース以来、約500名の講師の方々から素晴らしい学習コースを提供いただきました。

今後は、後述するオンライン学習教材のマーケットプレイスShareWis ACT https://act.share-wis.com 、および2015年10月から提供を開始している株式会社エン・ジャパンのエンカレッジオンライン http://en-college.en-japan.com/online (法人向けオンライン学習サービス)において、一般講師・プロ講師を問わず、講師の募集を進めてまいります。

今後も講師の方々と良質な学習コースを作成し、個人向け法人向け問わず、学びたい方々に広く提供していける、講師と学習者のエコシステムを構築していきます。ShareWisにおけるCtoC投稿機能はクローズをしますが、今後も講師希望の方々のお問い合わせをお待ちしております。

 

  • ShareWis ACTのサービス名変更とShareWisとの連携強化について

今回のShareWisのリニューアルのタイミングで、運営するオンライン学習教材のマーケットプレイスACT(アクト)の位置づけを定義し直し、ShareWis ACTとサービス名を新たにしました。ShareWisでの無料のスナックラーニング(気軽な学び)から、ShareWis ACTでの本格的な学びへとつなげる、学習のステージに応じた導線の強化を行ってまいります。

 

【サービス概要】

株式会社シェアウィズの求人・採用・転職情報はこちら

ShareWis_new01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。