定着するまで徹底サポート、コーチング型英語塾『エベレスト』とは?

以前から、子供の習い事で多い「英語」のスクール。子供向け英会話スクールは多く存在し、サービスの競争も激しくなっています。そんな中、「コーチング型」として従来とは異なる仕組みで運営される英語塾「エベレスト」を紹介します。

コーチング型英語塾『エベレスト』とは

英語塾エベレスト___こどもの英語4技能を鍛える。

英語塾エベレストは、東京都文京区にあるコーチング型の英語塾です。小学5年生〜高校2年生までを対象に「毎日の学習(トレーニング)をサポートするコーチング型英語塾」として、英語学習の習慣化、「自分の考え」を 英語で伝えられる人を育てるためのプログラム・サービスを提供しています。

 

エベレストが目指すコーチング型とは?英語塾エベレストの特徴

学習コンセプト___英語塾エベレスト

英語塾エベレストでは、講師の役割は「先生=ティーチャー」ではなく「コーチ(伴走者)」であるとしています。既存の英会話スクールのように、週1回数十分英語を教えて終わりではありません。

エベレストは、授業の時間は、1回2時間とたっぷりあるだけではなく、さらに、1週間という単位で区切って、生徒の毎日の学習トレーニングを管理しています。

今の日本において、英語を周りで話している現場を見ることは希少です。そんな中、毎日英語を使うことが、英語を習得するうえで必須と考えているエベレストは、コーチ型というスタイルを通じて、英語を日常的に使う習慣作りを念頭に、英語学習サービスを根本から見直しています。

 

反転授業を導入。「わかる」、「まねる」、「つかう」の習得ステップをトータルサポート

反転学習___英語塾エベレスト

エベレストでは、反転授業を取り入れています。授業の1週間まえに5分程の授業動画を配信します。何度も視聴し、わからない単語などがある場合は、事前に調べておきます。動画で授業の内容を予め理解した上で、授業に臨みます。それによって、授業では最大限英語をアウトプットする「実践」に時間を活用することができます。

授業の流れとしては、単語から始まり、基本の型をまずスムーズに言えるようします。5回、10回と何度も繰返し、すらすら言えるように練習をします。

その後、自分の言葉で、文章をつくる練習をします。自分の生活に連動させるため、実際に使おうとした際には、英語がパッと口からでてきます。最終的には、ダイアログ(対話)で先生や他の生徒と会話をしたり、全員の前でスピーチをすることで実力を養っていきます。

 

7割スピーキングの生徒の発話が中心の授業

52176248132ce9339370679c1547eb22

 

従来の英会話スクールでは、なかなか生徒個人の発話のタイミングがなく、せっかく授業に行ってもスピーキングする機会が多くないという欠点があります。エベレストでは、生徒の発話機会を最大限促すため、先生は極力話をしません。何をするか?をリードし、ファシリテーションに重きを置きます。生徒がたくさん話すような環境づくりやモチベーションを高めることをメインの役割としています。

 

週7日間のトレーニングで学習を習慣化。日々の「フィードバック」で毎日のやる気が続く。

aa8c95cfb22261b428516484199474a3

エベレストでは授業外の時間でも、週7日英語学習が行えるようにサポートしています。

週1回の授業はあくまでエベレストのコンテンツの一部に過ぎません。週7日プログラムを通じて、日々、動画視聴、英語の文法書やピクチャーディクショナリー等でのインプット。また、インプットをしたら、毎日の日記、Skype英会話での授業の復習等でアウトプットを行います。

また、生徒の学習が継続できるように、生徒の一週間のスケジュールを共有し、どの時間で学習ができるかをあらかじめコーチと約束しています。コーチとの約束と日々のフィードバックが、生徒の学習習慣、やる気を生み、結果として英語力の向上につながっています。

e9a8bf531d2b021dfc569cc8d5cf8fac

エベレストでは、生徒がトークノートというSNSツールを使って、毎日、日記を英語で書きます。それに対して、コーチは、当日中に文法上の修正を指摘したり、日記に対してコメントつけます。生徒は修正された日記を再度書き直して再度アップします。

日々のやりとりの中で、細かく間違いを直していくため、数ヶ月後には見違えるように英語のライティングが向上しているとのこと。最初は数行程度の量の日記の生徒でも数ヶ月後には数十行の内容に変化しているといいます。

良質なコンテンツはすでにたくさんあり、如何にひとりひとりのモチベーションを維持していけるかという、このようなコーチングを中心としたスタイルの塾は昨今のニーズを捉えているように思えます。

英語塾エベレスト___こどもの英語4技能を鍛える。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。