クラウドワークス、スクー、リトル・ママの3社が連携し、「インターネット完結型就労プログラム」を提供開始

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営する株式会社クラウドワークスと、オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」を運営している株式会社スクー、福岡に本拠を構え、0~6歳までの子を持つママの明日を応援する株式会社リトル・ママの3社が連携し、福岡市在住の子育て中の女性を支援する「インターネット完結型就労プログラム」を2015年11月18日(水)より開始します。

 

「インターネット完結型就労プログラム」とは

2015年6月、スクーとクラウドワークスは双方のサービスでクラウドワーカーの育成を目的とした事業提携を発表しました。クラウドワークスに登録する75万人のクラウドワーカーを対象に、スクーの動画学習コンテンツ中からクラウドワーカーに適した2種類のカリキュラム(デザイナー向け/ライター向け)を無料で提供するという、「インターネット完結型就労プログラム」を実施しています。すでに5,000人以上のクラウドワーカーがスクーのカリキュラムを受講しており、“ネットで学び、ネットで働く”という働き方が定着しつつあります。

 

福岡市での新しい取組み ~子育て中の女性が抱えている課題の解決へ~

この新たな就労形態は、特に「働きたいが事情により外で働くことができない」という人に適しています。働きたくても育児などにより外で働くことが難しい女性に向けて、ネットで学びネットで働くという「インターネット完結型就労プログラム」を提案することで、一人でも多くの女性の仕事復帰の一助となることを目指しています。少子高齢化を迎え社会が変わる中で,特に地方都市で女性のしごとを作る,活躍の場を提供することが重要だと考えています。特に福岡市は女性が多く,女性の活躍推進に積極的な都市であり,そのポテンシャルを活かせる創業特区として可能性が広がっています。福岡市に本拠を構えるリトル・ママと連携し、地元の子育て女性の支持されるメディアを活用することで,本プロジェクトの推進を加速します。今回無料提供するデザイナーやライターのカリキュラムは女性の感性を活かしやすく,クラウドワークスでの多様な業務に効果的です。また,さらなるキャリアアップや,起業にも役立つスキルです。このプログラムによって「働きたいが子育て中のため外で働くことが難しい」女性の課題解決を支援していきます。

d9958-73-474859-1

 

プレスリリースはこちら
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000009958.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。