留学・語学教育事業のEF、世界最大の国別英語能力指数 EF EPI 2015を発表

留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社は、2015年11月11日(水)世界最大の国別英語能力指数レポート『EF English Proficiency Index(EF EPI) 2015』を発表しました。
今回で5回目となる「EF EPI 2015」は、世界70カ国、91万人の英語学習者(成人)のデータを用いて作成しています。

EF EPI 2015から読み取れる重要なポイント

d6252-24-891572-2
1.日本について
日本の順位は、昨年11月に発表された「EF EPI 2014」の順位(26位 / 65カ国)から4位も下がり30位という結果となりました。また、過去5年間のEF EPIスコア(英語能力を示すスコア)の結果を比較すると、ほぼ横ばい(EF EPI 2014の結果からは、+0.69ポイント)となり、過去5年間で、日本人の英語能力は伸びていないことが明らかとなりました。2.アジア諸国について

今回、アジア諸国の中で最もランキングが高かった国はシンガポール(12位 / 70カ国)でした。また、EF EPIスコアを昨年から大きく伸ばしたのはインド(+4.67ポイント)やベトナム(+2.24ポイント)といった経済成長国で、韓国や中国は日本と同じように、ほぼ横ばいといった結果となりました。
3.ランキング上位国について

EF EPI 2015では、昨年3位だったスウェーデンが1位にランクインしました。また、ヨーロッパ諸国の英語能力は、昨年同様、全体的に高く、アジアやその他の地域に大きな差をつける結果となり、1位から11位までをヨーロッパ勢が独占する結果となりました。

本結果を踏まえ、EFの代表取締役社長、中村 淳之介 氏は、次のように述べています。

「2020年のオリンピック開催地に東京が決定して以降、日本を訪れる外国人の数は増え続けており、身近なところで英語を耳にする、英語を必要とする機会が増えています。しかし、今回のEF EPI 2015の結果では、日本人の英語能力は、過去5年間、伸び悩んでいます。5年後に控えた一大イベントを成功させるためにも、日本人の英語能力強化は必須事項と言っても過言ではありません。今からでも遅くありません。ご自身の英語能力を今一度見つめ直してみてはいかがでしょうか?」

現在EFでは、語学留学をはじめ、オンライン英語学習や企業研修プログラムなど、国内外で受講できる英語学習ソリューションを提供し、若年層から社会人、シニア層まで幅広い英語学習者をサポートしています。その中でも、昨今、英語学習者数が増加している若年層、および、社会人層への支援強化を進めていき、より一層、日本人の英語能力向上に貢献していく予定です。

 

プレスリリースはこちら
d6252-24-146122-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。