人工知能型タブレット教材で学ぶ算数・数学専門塾 『Qubena Academy』が開校

世界初の人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供する株式会社COMPASSが、「Qubena」を活用した算数・数学専門学習教室『Qubena Academy(キュビナ・アカデミー)』を、東京都世田谷区三軒茶屋に開校しました。

人工知能「Qubena」による効率的な学習指導

js_img_78989_2js_img_78989_3
「Qubena」は、各生徒がタブレットに入力するありとあらゆる情報(解答、解答プロセス、スピード、集中度、理解度など)を収集、蓄積、解析して個人に適応させる人工知能型教材です。「生徒が理解していない概念は何か?」や「何が得意で何が不得意なのか?」を解析し、最適な問題を出し続けるシステムで、これまでにない効率的な学習を支援します。

開校した『Qubena Academy』では生徒1人につき1台のタブレットを使用し、「Qubena」が各生徒の理解度に合わせた個別指導を実施します。また授業1コマにつき講師が1人常駐し、生徒がQubenaに入力する情報を通して学習進捗や集中度を把握、必要に応じて声かけを行うことでモチベーターとしての役割を果たします。「Qubena」が生徒のわずかな変化を正確に捉えることで効果的かつ効率的な学習指導を行うと共に、生徒と講師の信頼関係構築を実現します。『Qubena Academy』では、2016年1月までに在籍生徒100人を目標としています。

『Qubena Academy』公式サイト http://compass-e.com/academy/

人工知能タブレット型教材「Qubena」開発の背景

教育の現場では、高校生で7割、中学生で5割、小学生で3割の生徒が授業内容を理解できておらず、特に積み重ね学習が重要な算数・数学は理解の遅れを取り戻すのが難しいとされています。このような状況を解決するには、つまずいたところまで遡ってマンツーマン指導を受けるのが理想ですが、人件費などの事情でそうした対策が取られていないのが実情です。そこでCOMPASSは、人工知能を用いた算数・数学のタブレット教材「Qubena」を開発、さらに「Qubena」を活用しマンツーマン指導を低コストで行う『Qubena Academy』を開校しました。

2015年3月には、COMPASSが運営する八王子の学習塾で小学6年生に対して中学1年の1学期で習う範囲の学習を「Qubena」で行うという導入実験を行いました。その結果、通常14週間かけて行う1学期の授業を2週間で終え、受講した生徒全員が試験において学校(学年)全体の平均点を上回るという実績を達成しました。

『Qubena Academy』の概要

名称       : Qubena Academy
所在地      : 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-17
オリンピックマンション401号室(COMPASS本社内)
新規生徒の受付対象: 中学1、2年生
授業概要     : 1コマ50分、月8回実施
授業料      : 7,000円(税別)/月
受け入れ時間帯  : 平日19:00~19:50、20:00~20:50、21:00~21:50
詳細URL      : http://compass-e.com/academy/

株式会社COMPASS URL http://compass-e.com/

『Qubena Academy』公式サイト http://compass-e.com/academy/

プレスリリース URL https://www.atpress.ne.jp/news/78989

株式会社COMPASSの求人・採用・転職情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。