『勉強サプリ』がシンガポール日本人学校で導入開始、発展的学習をサポート

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが提供する小中学生向けオンライン学習サービス『勉強サプリ』が、2015年10月よりシンガポール日本人学校中学部において、『勉強サプリ』を学校の補助教材として利用した「学力向上および学習意欲の向上」に関する実証実験を行います。

シンガポール日本人学校における『勉強サプリ』導入の背景

『勉強サプリ』シンガポール日本人学校で導入開始、反転型授業など、発展的学習をサポート_リクルートマーケティングパートナーズ 3
今回連携するシンガポール日本人学校は、シンガポール日本人会により設置され、シンガポール政府に登録されています。世界各国の日本人学校の中でも最大規模で、生徒の学習に対する意識も高い学校です。これまで高い学力をベースに従来型の学習とは異なる、より発展的な学習に対するニーズが高かったものの、活用できる教材の手配が難しく実施ができていませんでした。
その学校のニーズに対し、『勉強サプリ』の特徴である「オンラインのため学習場所を選ばない」という点が貢献できると考え、この取り組みを開始しました。具体的には、自宅で『勉強サプリ』で事前に学習をし、授業は議論形式で行う「反転型授業」を実施し、生徒のさらなる学力向上および学習意欲の向上を目指します。
また、保護者の転勤やインターナショナルスクールからの編入で生徒の入れ替わりも多く、それぞれの学力や進捗度合を踏まえたサポートを必要としているという課題に対しても、『勉強サプリ』の「学年をまたがる学び直しや先取り学習など、個々人のレベルに応じた学習機会を提供できる」という特徴を生かし、サポートしていく予定です。

 

海外における「教育環境の地域格差」解消も

海外で日本の教育カリキュラムに沿って学習する場合、日本と同様の教育機会を得ることは難しく、日本にいる生徒と教育環境の格差が生まれてしまう傾向があります。『勉強サプリ』は、オンラインでいつでもどこでも一流講師による動画授業を受けることができるため、海外においても日本と同じレベルの教育を受けることができます。
「誰もが思う存分勉強できる機会を提供すること」を目的として掲げる『勉強サプリ』は「教育環境の地域格差解消」という点においても、本取り組みを通して中学部の生徒をサポートしていきます。

『勉強サプリ』導入概要

実施日程 2015年10月28日~2016年3月末日
対象生徒 シンガポール日本人学校 中学部 中学1年生~3年生
実施内容
(1)事前に自宅学習をした上で授業は議論形式で行う「反転型授業」の実施
(2)特定の範囲に対する予習・復習など、宿題として活用
実験内容 生徒の学力向上、学習意欲の向上

 

シンガポール日本人学校中学部教務主任  神﨑氏のコメント

学習塾などの選択肢が数える程しかない海外において、学校教育に対する期待は、日本の学校よりも強いと感じています。当校は、生徒も親も学習に対する意識が非常に高く、指導要領の範囲を超えた発展的な学習に対するニーズが強くありました。海外においても日本と同等、もしくはそれ以上のレベルで発展的な学習ができる教材を探していたところ『勉強サプリ』を知り、今回の取り組みを実施することとなりました。取り組みを通じて生徒の学力や学習意欲が向上し、世界に羽ばたく人材の育成につながることを期待しています。

 

『勉強サプリ』プロデューサー 中野慧氏のコメント

シンガポール日本人学校の学習に対する高い意欲とその実現が難しい現状に触れ、『勉強サプリ』を通してサポートしたいと強く感じました。『勉強サプリ』は、学習塾に通える環境になく高レベルの教育を受けられないなど「教育環境の格差」を解消することを理念として掲げていますが、今回はまさにその理念の内、「地域格差」の解消を実現できる取り組みであると感じています。海外でも時差があっても自由に、一流の講師による動画授業を受けることができる環境を提供することによって、生徒の学力向上および学習意欲向上をサポートして参ります。また今回のシンガポールを皮切りに、今後はアジアや世界中の日本人学校にも、同様の取り組みを広げていきたいと考えています。

勉強サプリの詳細 URL https://benkyosapuri.jp/

プレスリリース URL  http://www.recruit-mp.co.jp/news/release/2015/1028_2768.html

 

名称未設定_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。