カドカワが創る「ネットの高校」、 「N高等学校」が2016年4月に開校へ

カドカワ株式会社は、同社が2016年4月に開校を予定している「N高等学校」について、学校名、授業内容などの詳細を公開しました。

好きなときに、好きなだけ。新しいカタチの高校としてネット社会に必要な授業を提供

N高等学校は、デジタルネイティブ世代が夢見る、今のネット社会に対応した新しい高校です。

本校では授業やレポート提出をネットで行うため、生徒は時間を問わず自身のペースでいつでも授業を受けたり、ネットを通じて講師に質問することができます。通常科目だけでなく、各業界プロフェッショナルの講師陣によるプログラミング、文芸小説、ゲーム、アニメ、ファッション、美容など、多種多様な「課外授業」をネットで受けられることも特長で、生徒は好きなときに、好きなだけ、希望に沿ったカリキュラムを選択することができます。

また、ネットだけでなく、各地方自治体と連携して実施する「職業体験」の機会も提供。農業・漁業・伝統工芸など、実際に地方での職業体験に参加することで、早期に社会で役立つスキルを身につけられる環境を用意します。さらに、グループ会社の株式会社ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ超会議」や「闘会議」といった、リアルイベントへの体験機会も用意。ネットを通じて自由に授業を受けながら、リアルでのさまざまな体験機会も提供していくことで、新しい教育の在り方を実現します。

<学校法人概要>

  • 学校法人名 学校法人角川ドワンゴ学園
  • 高校名   N高等学校 (設置認可申請中)
  • 所在地   〒904-2421 沖縄県うるま市与那城伊計224

就職・進学につながる、プロフェッショナルによる「課外授業」

大学進学を目指すためのオリジナルカリキュラム授業(ネット受講)

学習参考書の出版社として約30年の歴史を持つKADOKAWA中経出版の全面協力によるオリジナル教材と、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の著者で坪田塾塾長の坪田信貴氏がスペシャルサポーターを務める実力派講師陣の指導によって、大学進学のための力を身につけることができます。

ドワンゴのトップエンジニアが教えるプログラミング授業(ネット受講)

初心者でもニコニコ動画のシステム(だいたい)を1から自分で作れるようになる授業や、オリジナルのスマホアプリやWebサービスの作成など、IT業界の基礎からPC、インターネットの仕組みまで、プログラミングの基礎を特別講師とドワンゴのトップエンジニア陣から学ぶことができます。

KADOKAWAから作品を出版する作家が教える文芸小説創作授業(ネット受講)

起承転結に沿った小説特有のパターンを身につけながら、ストーリー構成やキャラクターの設定、さらに企画立案から取材、執筆、入稿、校正など、一冊の本が仕上がるまでの流れを学ぶことができます。作家の森村誠一氏を特別講師に迎え、現役で活躍する一流作家や編集者が汎用性の高い具体的な技術を伝授。最新のノウハウ、小説創作の今に触れることができます。

電撃で活躍するクリエイターが教えるエンタテインメントを創る授業(ネット受講)

電撃レーベルで活躍中のトップクリエイター(作家、漫画家、イラストレーター、ゲームクリエイター)や、ヒット作を手掛けているプロデューサー、編集者が、エンタテインメント各分野について講義。作家の川原礫氏、時雨沢恵一氏によるライトノベル執筆のノウハウ講義や、コミック制作、イラスト制作、ゲームやアニメの制作など、各分野の制作ノウハウを学ぶことができます。

バンタンの現役プロ講師が教えるクリエイティブ授業(ネット受講+通学コース)

各業界へ多くの人材を輩出し続けるバンタングループによる、ファッション、ビューティなどバンタンの実践的な教育を現役のプロから受けることができます。また、ネット受講だけでなく、バンタン東京校、大阪校に通学できる「マイセレクトコース」も開始。週1、週3、週5の通学スタイルで、ファッション、ゲーム開発、声優など全33分野のクリエイティブ授業から受けたい授業を自由に選択し、通学受講することができます。

ネットなのに熱い。ネットの高校でもリアルの行事が充実 ~N高生はニコニコ超会議が文化祭~

N高等学校では、生徒全員にメールアドレス、Slack(※1)、GitHub(※2)のアカウントを発行することで、生徒間の日常のコミュニケーションはSlackで行い、創作物やレポートはGitHubで共有するなど、ネットで同級生と楽しく学園生活が送れる環境を提供します。さらに、ネットだけではなくリアルの活動も重視。地方自治体や企業団体の協力のもと、生徒はさまざまな職場で職業体験をすることができ、社会に根差した知識や技術を身につけ、働く人たちと接することで社会性やコミュニケーション能力を養うことができます。また、「ニコニコ超会議」や「闘会議」をはじめとしたniconicoが展開するリアルイベントへの参加企画も行い、ネットで授業を受けながら、リアルでも友人関係を築くことができます。

(※1)チームコミュニケーションツール  (※2)ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス

<niconicoのリアルイベント参加>
niconicoの各種イベントや施設での参加機会を用意。ニコニコ超会議がN高生の文化祭の場となります。
・ニコニコ超会議(毎年4月):文化祭
・闘会議(毎年1月):課外活動
・ニコニコ本社(池袋、365日オープン):自習室

詳細はN高等学校のホームページへ

http://ed.kadokawadwango.co.jp/index.html

N高等学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。