オレンジアーチ、「Pepper」の個人向け学習講座を10月5日に開設

株式会社オレンジアーチは、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の個人向け学習講座を、10月5日に開設しました。

「Pepper」は感情認識だけではなく、「ロボアプリ」という自身の機能を制御するプログラムを作成することにより、「話す」「動く」「踊る」などの動作を、自由にプログラミングすることができます。オレンジアーチの学習講座は、「Pepper」に興味がある方、個人で「Pepper」の購入を検討、または実際に購入した方を対象にカリキュラムを構成しています。「ロボアプリ」作成に関するカリキュラムの受講後には、自身で「ロボアプリ」が作成できるようになり、もっとクリエイティブに「Pepper」を楽しむことができます。

LL_img_72059_1

学習講座の特徴

  1. 「Pepper」を独占使用

学習講座では、「Pepper」1台を独占してご利用できます。他の参加者に気兼ねすることなく、自分のペースで「Pepper」を利用することができます。着実にカリキュラムを消化してから、次のカリキュラムへ進めるので、「Pepper」に対する理解を確実に深めることができます。

2. 様々な学習講座を提供

「Pepper」との触れ合いが楽しめる講座と、プログラミングが習得できる講座の2種類があります。プログラミング講座では、「ロボアプリ」を自作し「Pepper」を思い通りに動かすためのカリキュラムが、「話す」「動く」「踊る」などの分類毎に用意されているため、自分の目的に合ったカリキュラムを選択して学ぶことができます

3.少人数制を採用

1~4人の少人数制を採用し、受講者の理解に合わせて、講師である当社スタッフが不明点などをサポートしていく形式をとるため、落ち着いて学習を進めることができます。理解しづらい箇所や、掘り下げて学習したい箇所は時間をかけて、すでに理解している箇所は飛ばして、自分の理解度に合わせ学習することも可能です。

 

今後のサービス展開について

かつての車やパソコンが、その能力を向上させながら、社会や家庭に普及したのと同様に、ロボットがより身近な存在となり、社会生活に無くてはならないものとなる日も、「Pepper」の登場により現実的なものとなっています。オレンジアーチでは、ロボットの活用やプログラミングを考える機会を、より身近なものとすることで、未来のロボット博士やソフトウェアエンジニアを目指す方々を、積極的に応援していきます。

今後、「Pepper」の学習講座については、受講者からのご意見やご希望、「Pepper」利用シーンなどの動向を加味しつつ、講義の内容について順次見直しを行い、講座の充実を図る予定です。

また、法人向けのサービスとして、当社の強みである情報システムの企画や開発の技術を応用し、「Pepper」を用いた企画や展示のサポート、「ロボアプリ」の開発から運用まで、「Pepper」の活用をトータルでサポートします。そして来るべき、人間とロボットが共に生きる社会の実現に向け、新しいロボットの活用について提案していきます。

 

プレスリリースはこちら

https://www.atpress.ne.jp/news/72059

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。