ブイキューブ、シンガポール最大手のEdTechカンパニー 「Wizlearn Technologies」社を買収

株式会社ブイキューブの完全子会社で、ブイキューブグループのアジア地域統括持株会社であるV-cube Global Services Pte. Ltd.が、シンガポールで教育プラットフォームを提供するWizlearn Technologies Pte. Ltd.の買収を、2015年10月5日(月)、インド最大手の教育プラットフォームを提供するEducomp Solutions Ltd.の完全子会社であり、Wizlearn社の完全親会社であるEducomp Intelliprop Ventures Pte. Ltd.と合意しました。

 

買収の背景および趣旨

現在ブイキューブグループでは教育分野におけるビジュアルコミュニケーション活用を、成長戦略の1つの柱として掲げ、2014年5月に電子黒板や教育ICT分野で高いシェアを持ち、優れたソリューションを提供する、パイオニアVC株式会社を子会社化するなど、積極的な取り組みをおこなっています。

Wizlearn社は、世界的に先進的な教育ICTへの取り組みを行うシンガポールにおいて、16年に渡りサービスを提供し、シンガポールの公立学校の5割強に導入されるなど、高い実績を誇っています。政府機関のシステムから利用が可能になる等、高い信頼も備えている他、Microsoft社のActive DirectoryやSAP、Oracle PeopleSoftとの連携による利便性も備えています。これにより近年では、学校教育のみならず企業での導入も進み、三菱東京UFJ銀行のASEAN全域での社員研修、教育プラットフォームとして採用されており、日本企業が導入する際に求める個別カスタマイズや導入サポートにも対応可能なサービスです。

一方で、高い顧客満足度とソリューション力を持ち、高い収益性を確保しながら、同社の事業展開はシンガポールにとどまり、近年、成長が著しいアジア各国の教育ICT市場や企業内研修などのニーズに対するアプローチができていませんでした。そこで今回の買収により、ブイキューブグループが「アジアNo.1のビジュアルコミュニケーションプラットフォーム」を目指して取り組むアジア各国への事業展開と、学校、教育機関、法人に向けた、ビジュアルコミュニケーションを統合した新たなソリューションを共同提供することで、高い成長を共に実現できると判断し、今回の決定に至りました。

 

今後の展開に関して

今後は、まず、シンガポールにおいてシェアNo.1の教育プラットフォームとなっているWizlearn社のサービスと、ブイキューブグループが展開するビジュアルコミュニケーションサービスを組み合わせた、リアルタイム双方向性が実現される新たな教育サービスを提供します。

これにより、シンガポールにおけるWizlearn社の既存顧客である、数多くの学校・企業・政府へブイキューブサービスを販売していきます。また同時に、既にブイキューブグループが教育分野での事業展開を進めている中国、日本に対して、Wizlearn社の教育ICTインフラを提供開始し、ブイキューブグループの既存顧客への販売、販売網を活かした学習塾、教育機関、法人内での教育、研修への展開を進めていきます。
将来的にはタイ、マレーシア、インドネシア等、ブイキューブグループが事業展開するアジア各国に対し、教育ICTインフラのデファクトスタンダード化に向け取り組んでいきます。

プレスリリースはこちら

http://jp.vcube.com/NEWS/release/20151005_1500.html

株式会社ブイキューブの求人・採用・転職情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。