appArrayがリリース!英語学習者のコミュニティアプリ『ぺらりんご』とは!?

appArray株式会社は、『本気で英会話!ペラペラ英語』や『マジタン』といった英語関連のアプリを提供している会社です。

そのappArray株式会社は9月28日、英語学習者のためのコミュニティアプリ『ぺらりんご』をリリースしました。appArray株式会社代表の立石氏にどんなサービスなのか、アプリ開発の背景などをインタビューしました。

—新サービス『ぺらりんご』について聞かせてください。

『ぺらりんご』は、「しゃべれる人に相談しよう」というコンセプトでリリースする、英語学習者のためのコミュニティアプリです。日本の英語学習者にとっての大きな課題は、「何をやったらいいのかわからないこと」にあります。だから、英語学習者の道標になるようなサービスを作りたかったんです。

—具体的にはどのようなことが可能になるアプリですか?
英語学習者が集まって、よろず相談ができるコミュニティアプリです。相談、クラブ、英体験、英訳・和訳などのカテゴリを設けていて、それぞれ目的に応じて利用できます。

まず『So?Done!(ソーダン)』は英語学習者に質問や相談ができる機能。ユーザーはプロフィール欄で自身の英語力を紹介できるようになっていて、アドバイスをくれた人がどれくらいの英語力なのかを確認できます。

soudann_640x1136
『クラブ』は10人以下の仲間で構成されるコミュニティ機能です。クラブ内で一緒に学習法を研究したり、テストに向けて励ましあったりすることができます。
kurabu_640x1136
『英体験』は、”こういうことをすれば英語ができるようになりますよ”という体験がリストになったものです。このリストを実行していけば、自然と英語に触れる機会が増えるはずです。例えば「PCの表示を英語にする」とか、「海外ドラマを見る」とか、そういったものがリストには存在しています。
eitaiken_640x1136
『英訳・和訳』は、他の英語学習者に簡単な翻訳を依頼できる機能です。
wayaku_640x1136
—『ぺらりんご』をリリースしようと思った背景は?

自分自身の原体験が元になっています。私は、新卒で外資系の企業に入社した際、英語力が足らずにものすごく苦労をしました。必死に英語を勉強しましたが、今振り返れば、早い段階で適切な勉強法を教わる機会があったり、安くて効率的に学習できるアドバイスをもらえてたりしたら、もっと早くに英語を習得できていたのに…と感じます。置かれた環境や状況によってするべきアドバイスや最適な勉強法は異なるし、人によって勉強したい内容も違うはずです。ただ、英語の勉強法は多数存在していますし、多くのメディアで紹介されています。その中から自分に合ったものを手探りで見つけていくには、かなりの労力が必要とされます。そこで、同じような境遇の人に話を聞いたり、英語力の高い人からアドバイスがもらえるコミュニティを作れば、英語学習者がより早く最適な勉強法に出会うための助けになるのでは?と考えました。

—『本気で英会話!ペラペラ英語』は東アジアの市場でも展開中です。『ぺらりんご』も東アジアをターゲットにしているのでしょうか?

『ぺらりんご』に関しては、初期は完全に日本向けとして展開します。コミュニティアプリは国によって受け入れられやすさが違うので国外対応は難しいと考えています。

—サービスの今後の目標は?

具体的な数字はなんとも言えません。まずは、英語の相談コミュニティが受け入れられるかが最も重要。まずはその検証をします。そして、完璧さを求めるのではなく、学園祭のような雰囲気で楽しく利用できる、カジュアルで親しみやすいコミュニティにしていきたいです。また、ウェブ版やAndroid版のリリース、コミュニティを活性化するための機能の追加を順次予定しています。

 

appArray株式会社の求人・採用・転職情報はこちら

1 個のコメント

  • […] 『ぺらりんご』は、「しゃべれる人に相談しよう」というコンセプトでリリースする、英語学習者のためのコミュニティアプリです。日本の英語学習者にとって の大きな課題は、「何をやったらいいのかわからないこと」にあります。だから、英語学習者の道標になるようなサービスを作りたかったんです。 出典:http://edtech-media.com/2015/09/28/peralingo/ […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。