中央大学・岡嶋研究室とキャスタリア、共同でモバイル端末を使用した反転学習に関する実証研究を実施

中央大学・岡嶋研究室とキャスタリア株式会社は、モバイルを使用した反転学習スタイルで講義を行うとともに、「萌え」キャラクターを用いることが学習継続にどう影響するかを調査する実証研究を開始します。

本研究プロジェクトは、2015年度秋学期、中央大学総合政策学部の岡嶋裕史准教授による、「デジタル社会論」の授業を履修する学生を対象に実施されます。

紙とモバイル学習との比較、さらに通常コンテンツと継続学習のための外的動機として「萌え」要素を含むコンテンツを利用した際の学習継続性を調査する研究が行われます。キャスタリアの開発するモバイルラーニングプラットフォームの「Goocus」を採用し、学習者毎の学習達成度、理解度、継続性を調査します。テキストには「ITパスポート合格教本」を採用、萌えコンテンツは翔泳社と提携し、通常テキストに萌えキャラクターやプロ声優の音声コンテンツを加えたものを使用します。

d8167-13-138394-1

プレスリリースはこちら

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000008167.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。