EdTech(教育×テクノロジー)に関連するTED講演9選!

教育×テクノロジーのTED講演9選! EdTechで教育はどう変わるのか

スクリーンショット 2015-09-13 17.31.19

TEDは、Ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)の精神のもと、様々な分野の第一線で活躍する人物による講演会を開いています。今回、そのTEDの講演会で行われた講演のうち、教育×テクノロジーの分野についてプレゼンされている講演についてまとめました。今後の教育業界の動向がわかるものとなっており、教育×テクノロジーの分野に興味がある人もない人も必見のまとめとなっています。

 

シャイ・レシェフ: 超・低コストでとれる大学の学位


高卒の人なら誰でも経営学やコンピュータサイエンスの学位に向け授業を受講することができる―「ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル」創立者のシャイ・レシェフ氏による講演です。シャイ・レシェフ氏は高等教育が「少数の人の特権からすべての人にとっての権利であり、手頃でアクセスしやすいもの」へと変化することを期待しています。

 

ミッチェル・レズニック 「子供達にプログラミングを教えよう」

プログラミングはコンピュータの専門家だけのものではなく万人のものであると、MITメディアラボのミッチェル・レズニックは言います。この楽しいデモ満載の講演で彼が示しているのは、子供達にプログラミングを教えるメリットは彼らが新しい技術を使うだけでなく創造できるようになることにあるということです。

 

ビル・ゲイツ: 教師へのフィードバックでもたらせる変化


優れた教師でも適切なフィードバックによって改善できるところはあるとビル・ゲイツは言います。そしてそのようなフィードバックをすべての教室にもたらそうというビル&メリンダ・ゲイツ財団のプロジェクトを紹介しています。

スガタ・ミトラ「クラウド上に学校を」

スガタ・ミトラ氏による2013年のTED賞受賞した講演です。スガタ・ミトラ氏は「“クラウド上の学校”という学習実験室をインドに作りたいと思っています。子どもたち同士が協力して自由に調査したり学習したりできる場所です。学習に必要な物質的、人的支援はクラウド上にあるものを利用します」と、自己学習環境 SOLE について語っています。

 

スガタ:ミトラ: 子供の自己教育について

LIFT 2007でスガタ・ミトラ氏は「壁の穴」プロジェクトについて講演しました。「壁の穴」プロジェクトでは少年少女が自らPC操作を理解し、他の子供に教える、子供の自己教育を観察することができました。このプロジェクトを元にし、テクノロジーを活用した教育は遠隔地に最初に導入されるべき、ということを説いてきます。

 

スガタ・ミトラ : 「自己学習にまつわる新しい試み。

教育科学者スガタ・ミトラ氏は、優秀な教師や学校というのは一番必要とされている地域に存在しない、という問題の解決を図ろうとしています。ニューデリー、南アフリカ、イタリアなどの現場で実験を重ねるなかで、子どもたちに自己管理の下にウェブを利用させた結果、教育の概念が根本的に変わる可能性を目にし、このことについて講演を行いました。

 

サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」

「カーンアカデミー」創立者のサルマン・カーンがどのようにして「カーンアカデミー」は設立されたのかについて話します。そして従来的な教室のあり方をひっくり返して考えることを教師たちに促します。

 

ダフニー・コラー 「オンライン教育が教えてくれること」

ダフニー・コラーは授業を無料でネットに公開するようトップクラスの大学と交渉しています。これは単にサービスを提供するというだけでなく、人が学び、研究できる機会を与えるということについて語っています。

 

ピーター・ノーヴィグ「10万人が学ぶ教室」

ピーター・ノーヴィグ氏はセバスチャン・スラン氏と共にスタンフォード大学で人工知能の授業を行いました。175人の学生が通常の教室で講義を受けた他、 10万人以上ががインタラクティブなウェブキャストで受講しました。全世界に広がる教室で教えた体験から彼が学んだ事を語ります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。