関西大学初等部、iPadの持ち帰り学習対応のため 「Optimal Biz」「i-FILTER(R) ブラウザー&クラウド」を導入

ビジネス向けスマートフォンアプリ、タブレットアプリのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)と情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(以下 デジタルアーツ)は、学校法人関西大学初等部(以下 関西大学初等部)において、5年生と6年生に配布されたiPadに、オプティムの「Optimal Biz」とデジタルアーツのスマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が導入されたことを発表しました。

情報漏洩対策・情報セキュリティならデジタルアーツ株式会社 プロダクト情報│OPTiM_オプティム

文部科学省では、「教育の情報化ビジョン」をもとに2020年までに「児童・生徒一人一台の情報端末による教育の本格展開の検討・推進」を掲げています。また、政府から発表された「世界最先端IT国家創造宣言」でも学校の高速ブロードバンド接続や一人一台の情報端末配備が盛り込まれており、近年では教育のICT化が進んでいます。

Google_画像検索結果__http___www_kansai-u_ac_jp_past_img_global_guide_mark_img_01_gif

関西大学初等部ではこのような流れを受け、児童の「思考力の育成」を独自のメソドロジーで体系化した「ミューズ学習」を設定しています。「ミューズ学習」とは、「分類するためのXチャート」など6種類のシンキングツールを使い、思考の方法を体系的に学ぶもので、関西大学初等部では1年生からこれらのシンキングツールの使い方を学び、高学年になる頃には複数のツールを組み合わせて複雑な課題を解決できる力を身に付けることを目指しています。教科等を含めた思考力育成につながるツールとして2014年10月に5年生より、現在5、6年生全児童に自分専用のiPadを導入しています。

導入当初、授業の成果を自宅で見直す、自宅で調べたことを授業で発表するといったiPadの特性を活かした学習方式を実施する中で、極力児童には自由に使わせたいと考えていたものの、一方で、児童にiPadを一日中自由に使わせることに対して、保護者や一部の教師から懸念の声があがり、特に教育上望ましくないアプリケーションやコンテンツを児童が利用・閲覧してしまうリスクに対しては、制限をかける必要がありました。

そこで、児童が使うすべてのiPadに、オプティムが開発・提供する4年連続国内シェアNo.1のMDMサービス「Optimal Biz」、デジタルアーツの「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のOEM製品である「Optimal Biz Web Filtering Powered by i-FILTER」を導入しました。これにより、「Optimal Biz」では、児童が勝手にアプリをインストールできないように制限を加えて、利用できるアプリを管理することができ、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」では、ブラックリスト方式のフィルタリングを行い、校内・校外を問わずインターネット上の危険なサイトをブロックすることが可能になりました。

現在、関西大学初等部では、これらの製品を利用することで、児童たちが安心して学べるICT教育環境を用意しており、その中で児童たちはiPadを使って動画を作ったり、プレゼンテーションを行ったりと、活発な授業が行われています。同校では、今後も思考力育成を柱とする、「ミューズ学習」を推進していくツールとしてiPadを中心としたICT教育の取り組みを積極的に進める方針です。

デジタルアーツとオプティムは今後も他校への導入展開に向けて協業し、児童の安心・安全なICT教育環境を実現すべく、2020年を目標としてさらに加速していく教育現場でのタブレット端末導入において、両社の製品を積極的に推進していくとしています。

 

プレスリリースはこちら

https://www.atpress.ne.jp/news/74613

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。