地域の学びの相談窓口「エリアベネッセ」にて、人型ロボット「Pepper」を導入

株式会社ベネッセコーポレーションは、ソフトバンクロボティクス株式会社と仏アルデバラン社が開発した人型のロボット 「Pepper(ペッパー)」を、10月4日(日より、地域で学びのコンサルティングを提供するエリアベネッセ青山(東京都)に導入します。さらに、10月中には、多摩センター(東京都)、千里中央(大坂府)、広島祇園(広島県)、六本松(福岡県)への導入を予定しています。 今後は、これらの店舗での導入効果を基に、導入店舗の拡大を検討します。

 

エリアベネッセに、人型ロボット「Pepper」を導入

エリアベネッセとは、地域の学びの相談窓口として、勉強のこと、将来のこと、歳を重ねても自分らしく生きるために必要なことをいつでも無料で相談できる場所です。 ベネッセ教材、サービスの無料体験や教育セミナー、ワークショップ等を提供しています。

今回エリアベネッセに導入する Pepper には、ベネッセの教育知見がつまったオリジナルア プリ「勉強タイプ診断」(小中高校生向け)や、幼児向け通信講座「こどもちゃれんじ」のキャラクター「しまじろう」の音楽に合わせて Pepper と一緒に踊るアプリなどが搭載されており、幼児から高校生までさまざまな形で Pepper と触れ合いながら、最新のロボットを体感できます。また、Pepper を導入するエリアベネッセの各店舗では、Pepper のプログラミング を体験できるワークショップを随時開催していく予定です。
d120-486-985337-2

プレスリリースはこちら

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000486.000000120.html

 

d120-486-985337-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。